So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

心臓バイパス手術後 筋肉のこり [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
狭心症などのために心臓バイパス手術を受けた方が、肩こりなどに苦しんでいらっしゃるのだと思います。
剛腕幹事長といわれた当時の自民党の小沢一郎さんも、心臓のバイパス手術後からひどい肩こりに悩まされているそうです。
念のため書き込みますが、小沢さんが当クリニックを受診なさっているのではありません。
ある雑誌の記事にそのようなことが掲載されていたのです。

 いくら心臓バイパス手術を受けても、手術前と同じようには血液は流れないのかもしれません。
身体の組織に十分に血液が流れない状況では虚血の変化が起こりやすくなります。
血液が十分に流れない状況で、筋肉の異常なこりがでてくるのです。
改善されない肩こりは非常に辛いものです。
所長も学童期からの肩こりに悩まされてきました。

 いわゆる同病相憐れむです。

肩こりは凝っている局所を刺激したのではダメなのです。
一瞬はよくなりますが、よくなった時間がどんどん短くなります。
最悪の状況では刺激している傍から凝ってくるようになります。
このような状況に追い込まれないような工夫が大切なのです。

 詳細は今後書き込みます。

青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

食道癌手術後に頚部リンパ節・肺・骨転移をきたした患者さんの話 [治療法]

 標記の患者さんが受診しました。
大阪在住の患者さんで、あまり体調がよくないとのことでした。
息切れ・動悸・背中から腰にかけての重苦しさが辛いそうです。
月曜日から金曜日まで都内のホテルに宿泊し、このブログでも取り上げている綿花を利用した班目式間接灸・気診治療を受け、この治療法を自宅でもできるように覚えたいというご希望でした。
気診治療を覚えるのは無理にしても、綿花を利用した班目式間接灸ならば自宅でもできます。

 診察すると、冷たい身体でした。
手術後状態で、さらに転移があるため、全身的にはストレスにさらされた状況と考えられます。
この状況では、動脈が縮み身体の隅々まで血液が流れにくい状態になります。
そのために身体が冷えきってしまいます。
自律神経の言葉でいえば、この状態が交感神経優位となり、リンパ球が少なくなるのです。
癌が発育しやすい環境となるのです。

 大切なことは、しっかりと身体を温めることです。
湯たんぽ美人で身体を温めると、身体が冷えきっていることに気付いていただけました。
翌日から綿花を利用した班目式間接灸と気診治療の組合わせで治療を開始しましたが、治療開始時にはすでに体調はよくなっていたのです。
湯たんぽ美人でしっかりと身体を温めた効果です。
リンパ球そのものもある程度増えたと推測されます。

 お灸すると非常に快適になります。
頚部のリンパ節はかなり大きかったのですが、お灸すると小さくなるのがわかりました。
都内に滞在している間だけで、かなり縮小してきたのがわかりました。
リンパ節にある癌細胞が急速に死滅した、というよりはリンパ節のむくみが改善してきた効果のように考えます。
本当に癌細胞が死滅するにはある程度の時間が必要となります。
金曜日にはリンパ節は、月曜日の1/3程度まで縮小しました。
動悸や息苦しさも苦にならなくなりました。
常にあった背中から腰の重苦しさも、ほぼ解消された状態で金曜日になりました。

 大阪に戻ってからも同様にお灸出来るといいのですが、どこまで頑張れるかが今後の課題です。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

 

気診研究会に出席してきました [研究会]

 針灸治療の最高峰と考えられる気診研究会に参加してきました。
気診治療の創始者である小田 一先生がご逝去されてからは、弟子たちが研究会を継続しております。
かつて小田 一先生が発表されたことを追試したり、新たな研究発表を行なっております。

 小田 一先生が発表されたことを解説されると、新たな発見があります。
今回は約30年前に発表された内容を解説する講演がありました。
様々なバックボーンからの解説で、益するところ大でした。

 このような努力の積み重ねで、もう少しすると一段の飛躍が期待できます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

久しぶりに受診した肺癌の患者さんの話 [具体的な症例]

 昨年の夏まで定期的に通院していた肺癌の患者さんが久しぶりに受診されました。
全身倦怠感のため通院が困難となったのですが、最近は左の肩甲骨付近の痛みがひどくなり、その治療を求めて受診されたのです。
肝臓にも転移があり、かなり大きくなっております。
完治は見込めないとして、通常の病院では親身になってみてもらえないこと、待ち時間が長く身体が耐えられないことから通院していないそうです。

 このような状況では、骨転移が最も心配です。
検査そのものを拒否されていますので詳細は不明ですが、肝臓はお臍近くまで大きくなっておりますので、肩甲骨を含めた骨に転移があってもおかしくはない状況です。

 骨に転移があったとしても、筋肉がしっかりしていて身体を支えることが可能ならば痛みは軽減させることは可能です。
肩甲骨付近には手をつけずに、力こぶ周囲を刺激します。
綿花を利用した班目式間接灸を行なうと、肩甲骨付近の痛みがなくなってきました。
もちろん仕上げには気診治療を行なっております。

 この治療の効果がどの程度持続するかは不明ですが、痛みがでれば再び同様の治療をすればいいのです。
少し慣れてくれば予防的に治療すればよろしいのです。
とりあえずこの治療で症状は改善できました。
お灸もしばらくやらない期間がでていたそうでした。
当分は自宅でもお灸を続けていただき、可能な限り受診されることをお勧めしました。

 治療後はにこやかな顔でお帰りになりました。

 このような症状を改善させるためには、モルヒネでなくても可能です。
治療手段は沢山あった方がいいですね。
その中で選択できるとよろしいです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
 

後頭部の刺激で疲労倦怠感が軽減する [治療法]

 先日後頭部の刺激で頭痛・めまいが軽減する話を書き込みました。
この部位の刺激では、不眠にも効果的でした。
熟睡できるようになるため、慢性疲労症候群でも疲労倦怠感が軽減する方がでてきております。

 慢性疲労症候群でヘトヘトになった状態だった患者さんが、特に綿花を利用した班目式間接灸を自宅で繰り返していたら、疲労倦怠感が改善してきておりました。
どうしてもあと少し取り残す疲労倦怠感があるため、後頭部にお灸をしたのです。
お灸している傍ら気持ちがよくなってきて、疲労倦怠感が軽減してくるのを実感できたのです。
同時に眠くなる患者さんが多く、副交感神経を刺激しているのは間違いないようです。

 この患者さんは、かなり改善はしてきましたがそれでも、疲労倦怠感の指標であるperformanse status が3〜4で最近の1年間は推移しておりました。
ほとんどPS は変化していないかったのです。
この部位の刺激を加えたら、2週間で2まで改善してきました。

 慢性疲労症候群の疲労倦怠感は身体のいろいろな部位にある(と推測される)うっ血を減らすと改善の方向に向かいます。
後頭部の刺激は首から上のうっ血を減らす働きはあるのは確実ですので、この病気の疲労倦怠感にも効果的と考えられます。
今後患者さんの数を増やして、効果判定をしてみます。

 乞う、ご期待!

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

寒いですね! [季節]

 開花宣言が出たのにも拘らず、真冬の寒さです。
本日は気診研究会基礎科を当クリニックで開催しました。
京都・大阪からの受講者もおりましたが、都内の方が寒いとのことです。

エアコンの暖房だけでは足りずに、湯たんぽを使ってもらいました。
身体に密着するのがいいですね!

 こんな気温ではまだまだ湯たんぽが活躍しそうです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

頭痛・耳鳴りの治療法 [治療法]

 頭痛・耳鳴りはなかなか治療効果があがらないことが多い病気・病態です。
都内の頭痛外来を総なめにした患者さんが何人も受診しております。
耳鳴りも改善させるには難しく、きれいさっぱり耳鳴りが消えてなくなるのはかなり難しいのです。

 頭痛・耳鳴りを起こす原因は様々ですが、頭部のうっ血を減らせば症状は軽減してきます。
これまでにも首のスジを刺激する方法・顎関節・こめかみ・目や耳に綿花を利用した班目式間接灸で治療してきました。
ある程度の効果をあげてきました。
最近になりさらに別な方法で頭部を刺激すると、広範囲の頭部のうっ血が軽減することを発見しました。

 後頭部を刺激すると、こめかみ付近や顎関節のこりが軽減します。
解剖学の知識が必要になりますが、頭蓋骨を被っている帽状腱膜と刺激すべき部位の関係で説明出来そうです。

 後頭部の刺激で改善する症状は頭痛や耳鳴りだけではなく、目のしょぼしょぼ感・不眠・過眠・顔ののぼせ感・めまい・たちくらみにも効果的です。
驚いたことに、慢性疲労症候群の著しい疲労倦怠感にも効果的で、疲労倦怠感の改善に有力な治療手段となると期待しております。

 唯一の欠点が、その場所が判りにくい点にあります。

この場所を確実に刺激すれば、沢山の症状が改善する可能性が高いのです。
当然ながら、湯たんぽ美人による身体の加温をした上での話です。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

リウマチ寝方 [病態]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
関節リウマチの患者さんが、起床時に不快な症状があるので寝方を改善させるとよくなるのでは?として検索なさっているのでしょう。

 関節リウマチ患者さんの症状としては、朝のこわばりが有名です。
学生時代にこの言葉を初めて耳にした時には、何のことか理解できませんでした。
なぜ朝しかないのか?
そもそも、こわばりってなんなのだろう?
不思議に思いました。

 しかし、今ならわかります。
夜寝ている時間帯でも、身体特に肩から先が冷えているのです。
そのために手がむくみやすくなるのです。
また、就寝中は体を動かさないのでむくみが治りにくいのです。
そのため朝のこわばりが出てきます。

 起床してからは特に手のこわばりが目立ちますが、身体を動かしているうちに手のむくみが軽減してくるのでこわばりが気にならなくなるのです。

 また、関節痛も身体が冷えていると強くなります。
就寝中の注意・配慮が必要になるのです。
もちろん就寝時以外の日常生活での注意が必要なのは言うまでもありません。

 湯たんぽ美人でしっかりと身体を加温し、タオルを使い冷えている身体部位を覆います。
加温の詳細はこのブログのどこかに書き込んであります。
このようなやり方で朝のこわばりや関節痛は軽快・消失します。
これで不足する場合には注射の針を利用した刺絡・綿花を利用した班目式間接灸・針やモグサの替わりに気を用いる気診治療の組合わせで治療すると関節リウマチは改善します。
自覚症状がなくなるだけではなく、多少の時間はかかりますが、検査データも改善することが多いのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://dr-madarame.com



還暦過ぎた女は何故暑がるのか? [病態]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
よくいう冷えのぼせがみられる方が暑がります。
一見すると、血液の流れがよくてなっている症状のようにみえます。
しかし、そうではありません。
身体の熱の分布がおかしくなった時に、このような症状がでてくるのです。

診察するとすぐに判るのですが、なにしろ本人はのぼせ感が強く、冷えていることに気付かないのです。
そのため日常的に身体を冷やすことを好み、さらに熱の分布異常が増悪して暑がるようになるという悪循環に陥ります。

 診察すると多くの場合、二の腕や臀部・大腿部が冷えています。
わきの下の温かい部位を物差しの基準にして、二の腕や臀部・大腿部の温度と比較すると判りやすいのです。
熱は煙と同じで、高い所に昇りたがるのです。
二の腕や臀部・大腿部の熱が顔面に昇ってくるのです。
これらの部位の熱が顔面に昇ってくるのです。
そのため、これらの部位を温めることで、顔面に昇った熱が身体の下部に戻りやすくなります。
こうして、ようやく冷えのぼせが解消されるのです。

 このように診察で客観的な冷えがみつかる患者さんは、暑がりが多いのです。
これは自覚的に快適と感じる温度が低くなっているためなのです。
なにしろ自分のことは自分が一番判っている、と考えるのが普通です。
ご自身では暑いと感じていても、客観的には冷えていることが多いものです。
そのため、よほどのことがない限り身体の悪さを治す方向には向かないのです。
つまり自分のことは判らないことが多いのです。

 このような現象は還暦過ぎた女性に多いのですが、年齢や性別には無関係のものです。

診察を受けて初めて身体の冷えに気付き、ご自身で判らなかった悪さがあることに気付くのです。
身体が冷えていると筋肉の異常なこりを伴うことが多く、それが血液の流れが悪くなるという悪さを伴います。
これらをまとめて改善させるのが、当クリニックの治療なのです。
湯たんぽ美人による身体の加温・注射の針を利用した刺絡・綿花を利用した班目式間接灸・針やモグサの替わりに”気”を用いる気診治療、こういった治療の組合わせで治療するといろいろな症状が改善してくるのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

目を動かすと目の奥が痛い・目がショボショボする [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
現代人は目を酷使しております。
パソコンやスマホと無縁の生活をしていらっしゃる方は、ほとんどいないのが現状でしょう。
かつて所長が小学生の頃は、近くでテレビをみると叱られたものです。
目が悪くなるから、というのがその理由でした。

現代では目に悪いからといってパソコンを使わないわけにはいきません。
昔の感覚では至近距離で、パソコン画面をみながら作業をするのは当たり前になっている時代です。
下を向いてスマホを操作するのが当たり前の時代です。
どうしても目の負担が大きくなりますし、首や肩の負担が大きくなり肩こり・首こりに苦しむようになります。
これを自律神経の言葉で表現すると、交感神経が優位の状態なのです。
なんらかの理由で交感神経が優位になっている場合に、それを改善しようとすれば副交感神経が優位になる状況を作ればいいのです。
どうやって副交感神経を優位にするのか?

 早寝早起きでも副交感神経が優位になるのです。
歯磨きを頻回にしても、そうなります。
湯たんぽを使い、身体を温めるのも副交感神経の刺激になるのです。
自律神経は交感神経と副交感神経の2つしかありません。
あまりにも単純なので、所長は学生時代にあきれたことがありました。
しかし、この単純であることが重要で、朴訥にいろいろな手段で副交感神経を刺激すると長生きが出来る方向に向かいます。

 目の症状に限らず、今まで気がつかなかった症状が改善してから初めてその存在に気付くこともあるのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com


前の10件 | -