So-net無料ブログ作成
検索選択

白血球数を増やす方法 [治療法]

 抗癌剤を使わざるを得ない病気・病態があります。
特に血液疾患の場合には、体質改善などと悠長なことを言ってる時間の余裕がありません。
また、血液疾患に対する化学療法の効果は高いので、このような病気・病態では化学療法をすることが大切です。

 癌では、転移がみられると化学療法が必要とされます。
繰り返し化学療法を行うと白血球数が減少し、やりたくても化学療法ができない状況もでてきます。
かつて、白血球数を増やす方法として、踵に直接据えるお灸を発表したことがあります。
当クリニックのHome Page にも写真を掲載してありますので、ご覧になった方もいらっしゃると思います。

 多くの方は踵のお灸をすれば、減少した白血球やリンパ球がすぐに増えると考えているようです。
しかし、それは全くの誤解なのです。
 踵に直接お灸をすれば良いのではなく、白血球が増えるまでお灸をするのです。
お灸ならば同じだろうと、綿花を利用した間接灸をする方も時折拝見します。
しかし、踵の間接灸はほとんど何の効果もみられないのです。

しかるべき方法で、効果が出るまで刺激を続けなければ病態は変わらないのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。