So-net無料ブログ作成
検索選択

耳鳴りに苦しんでうつ病を合併した男性の話 [治療効果]

 耳鳴りがひどく、都内の大学病院耳鼻科で治療を受けたのですが、意に反して耳鳴りが増悪したあげく、うつ病まで発症した患者さんが受診されました。
耳鳴りに苦しんでいらっしゃる方は多いですが、なかなか効果的な治療法が少ないですね。

 かつて漢方治療しかできない施設に所属していた時代に、耳鳴りは治るといってはいけない!と所内におふれがでておりました。
漢方治療ではうまくいっても、耳鳴りが気にならない程度にしか治らないのが普通でした。
耳鳴りはこのように治すのが難しい病態です。

 この患者さんはまず、身体が冷えきっておりました。
どうも寝室が寒いようです。
湯たんぽによる身体の加熱だけでは不十分ですので、一晩中暖房を稼働していただくことにしました。
もちろん湯たんぽは少なくとも、3時間に一度はお湯を沸かし直して使ってもらいました。

 こうして身体が温まるようにしただけで、身体が楽になったという実感がでてきたそうです。
1週間後の再診の日から、綿花を利用した班目式間接灸と気診治療の組合わせで治療を始めました。
耳鳴りがある患者さんは、首・肩が凝っていることが多いのです。
首が凝り過ぎて、耳に流れる動脈が圧迫されるのです。
その時に、鼓膜近くにある動脈の血液の流れが速くなるので耳鳴りがでてくるのです。

 治療としては、耳に流れる動脈が圧迫されない状態にすればいいのです。
うつ病が単独である患者さんも、首・肩の凝りが著しいのです。
首から上の血液の流れが悪くなって、気分が優れないのです。
この患者さんの場合では、耳鳴りとうつ病を合併しておりますが、どちらの病態も首肩こりを改善させればよくなる可能性が高いのです。

 首や肩の凝りを改善させればいいのですが、注意しなければいけないことがあります。
凝っている筋肉そのものを刺激すると、結果的に悪くなるのです。
刺激した直後は楽にはなりますが、そのようなやり方を繰り返していると楽になっている時間がどんどん短くなります。
最終的には刺激している傍ら凝ってくる状態にまで至ります。

 その解決法として、首のスジを刺激するのです。
班目式間接灸で首のスジを刺激すると、ほとんど左右に動かなかった首が左右に動くようになりました。
班目式間接灸の刺激前には右も左も5度程度にしか首は動きませんでしたが、班目式間接灸で首のスジを刺激した直後には約60度まで動くようになりました。
身体の他の部位を班目式間接灸で刺激した後に再び首のスジを班目式間接灸で刺激すると、首はほぼ真横まで向けるようになり、同時に耳鳴りが軽減してきました。

 この首・肩のこりが改善させられれば、耳鳴り・うつ病はともに治る方向に向かうでしょう。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

浅野頼江

初めまして

10月に大腸癌乳癌見つかり
先生の免疫力を高める副交感神経健康法を実践し始めました。たまたま家でもなにかをしたいと探して湯たんぽと言うのが心に触れました。
それから毎日湯たんぽ抱えて確かにポカポカしてきてます。

12日に入院して15日に大腸癌の手術腹腔鏡で行いやっとリハビリになってます。
乳癌は初期なのに侵潤がん乳頭近くプラス乳腺へも延びてるように見えるという事で全摘と言われていますが手術あまりに辛く迷っており一度診察受けさせて頂きたくメール致しました。
耳鳴りも酷く半分諦めてましたが期待が出てまいりました。



by 浅野頼江 (2016-12-21 21:07) 

所長

コメントに気付いたのが、今年にはいってからでした。 お苦しみのところ、不注意なことで申し訳ございません。 乳癌には刺絡や綿花を利用した班目式間接灸が効果的です。 初期のものならば、ある程度の期間一生懸命治療なさってはいかがでしょうか? 専門医の診察を受けながら治療して、縮小する方向にくればもう少し頑張ってこのような治療を続けていただければよろしいと思います。 万が一大きくなる傾向になった場合には不本意ながら、手術を考えるという対処ではいかがでしょうか?  複数の癌になるのは残念なことではありますが、手術をしても癌を作り出す体質そのものには変化がありません。 この体質改善こそしなければいけないことだと考えます。 そのお手伝いができると思います。 当クリニックHome Page のお問い合わせ欄から連絡をください。
by 所長 (2017-01-21 17:38) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0