So-net無料ブログ作成

肩首こりがつらい、30歳台の男性患者さん [治療効果]

 肩こり首こりに、ほとほと困っている30歳台の男性患者さんが受診なさっております。
頻回にマッサージを受けていたら、効果的な時間がどんどん短くなってきているのです。
先行きが心配になり、受診なさったのです。

診察すると身体は冷えきっておりました。
汗をかきやすいそうです。
肌もやや汗ばんでいる状態でした。
身体が冷えているから汗のもとの水が多い状態なのです。
そのために汗をかきやすいのです。
汗をかくと気化熱で熱をとられ、かえって冷えるのです。
十分に身体が温まると汗かきは治ります。
汗のもとの水がなくなるからなのです。

肩・首に限らず、背中や腰の筋肉も異常なこりがみられました。
睡眠も満足出来ないそうで、寝付きが悪く夜中に目が覚めてしまったり、明け方に目覚めたりもするそうです。

 筋肉のこりがひどいために、脳にうっ血が多くなっているのでしょう。

まずは湯たんぽ美人を使って身体を加温していただきました。
1週間後の再診では肩こりが軽減してきたそうですが、眠りの質までは改善しなかったそうです。
刺絡と気診治療の併用で治療を始めました。
本日が2回目の治療の日でしたが、肩こりはほとんど気にならなくなっておりました。
しかし、首が左右に回らない状態でした。
そこで、拙著『「首のスジを押す」と超健康になる』の治療手段である首のスジを刺激しました。
治療前は首はせいぜい10度しか回らなかったのですが、治療後にはほぼ真横つまり、90度近くまで首が舞わせるようになりました。
頭がボーッとしていたようですが、非常にスッキリして気分がよくなったそうです。

この刺激を繰り返せば、快適な生活になるでしょう。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0