So-net無料ブログ作成

目を動かすと目の奥が痛い・目がショボショボする [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
現代人は目を酷使しております。
パソコンやスマホと無縁の生活をしていらっしゃる方は、ほとんどいないのが現状でしょう。
かつて所長が小学生の頃は、近くでテレビをみると叱られたものです。
目が悪くなるから、というのがその理由でした。

現代では目に悪いからといってパソコンを使わないわけにはいきません。
昔の感覚では至近距離で、パソコン画面をみながら作業をするのは当たり前になっている時代です。
下を向いてスマホを操作するのが当たり前の時代です。
どうしても目の負担が大きくなりますし、首や肩の負担が大きくなり肩こり・首こりに苦しむようになります。
これを自律神経の言葉で表現すると、交感神経が優位の状態なのです。
なんらかの理由で交感神経が優位になっている場合に、それを改善しようとすれば副交感神経が優位になる状況を作ればいいのです。
どうやって副交感神経を優位にするのか?

 早寝早起きでも副交感神経が優位になるのです。
歯磨きを頻回にしても、そうなります。
湯たんぽを使い、身体を温めるのも副交感神経の刺激になるのです。
自律神経は交感神経と副交感神経の2つしかありません。
あまりにも単純なので、所長は学生時代にあきれたことがありました。
しかし、この単純であることが重要で、朴訥にいろいろな手段で副交感神経を刺激すると長生きが出来る方向に向かいます。

 目の症状に限らず、今まで気がつかなかった症状が改善してから初めてその存在に気付くこともあるのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0