So-net無料ブログ作成

末期がん 治療 [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
いろいろと手をつくしても、現代の医療ではどうにもならない場合もあるのが現実です。
早期発見を心がけていても、発見時には末期的な状態ということもあります。

通常の西洋医学ではホスピスに入所するしか方法はなくなってしまいます。
ホスピスも待ち時間が長く、必要な時にすぐに入所することはできないようです。

当クリニックではどうするか?
自宅でもできる綿花を利用した間接灸を覚えて頂いております。
病状が進むと受診できなくなることもあります。
そのため、患者さんがご自身でもできる、あるいはご家族がしてあげられる綿花を利用した間接灸を利用するのです。

 末期的な状態で困るのは、いろいろと辛い症状がでてきますが、それを緩和する手段が乏しいことなのです。
綿花を利用した班目式間接灸はさまざまな症状の改善が可能なのです。
受診できるときには気診治療を併用します。
班目式間接灸だけで解決できるのではありませんが、症状の取り残しがでますので気診治療が役に立ちます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0