So-net無料ブログ作成
検索選択

うっ血を治す方法 [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
うっ血は皮下や筋肉内によどんだ血液のことです。
血管内ではなくいわゆる間質部にあるので、検査でみつけられないのが現実です。
そのため、うっ血が悪さをしていないか?という視点が大切になります。
毛細血管の異常な拡張がある場合にはその近くにはうっ血があるだろうと推測されます。
筋肉が凝ってきたら、その周囲にはうっ血があるだろうと推測されます。
肩こり・首こりがひどくなったら、頭にはうっ血が多いだろうと推測されます。

まずうっ血を発見することが重要です。
次いでその対策です。
身体が冷えていたら血液の流れは悪くなりますので、うっ血を改善させ難い状況になります。
湯たんぽ美人による身体の加温が大切です。

ある程度身体が温まると筋肉のこりも改善しやすくなりますが、完全ではありません。
そのためツボ刺激が必要になります。
刺激する位置が大切なのですが、どこを刺激するかで効果が変わります。

このような治療法でうっ血が減ってきます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0