So-net無料ブログ作成

潰瘍性大腸炎の治療 [治療法]

 潰瘍性大腸炎は難病として有名です。
内閣総理大臣の持病としても有名です。
内閣総理大臣は新薬の効果で職務を行なえる状態のようですが、第一次安倍内閣ではその持病が悪化して職務を遂行できなくなったため、辞職されたのは有名です。

 さて、一般庶民が潰瘍性大腸炎になった場合には、消化器内科でも腸の病気を専門にしている医師の診療を受けるのが一般的です。
薬物治療から始まるのが通常の潰瘍性大腸炎の治療です。
潰瘍性大腸炎の薬として有名なサラゾピリンは、消炎鎮痛剤で有名なアミノサリチル酸と抗菌剤であるサルファ剤を併せた薬物なのです。
従って長期に使っていれば免疫系に影響してきます。
病気の性格から、潰瘍性大腸炎の患者さんは長期に渡って薬を飲む必要がでてきます。
そのため、長期に消炎鎮痛剤の性質を持つ薬を飲んでいれば、免疫能が低下してきます。
出来れば免疫能を低下させない治療が望ましいのです。

 かつて治療した潰瘍性大腸炎の患者さんは、血漿交換を行なった本邦第一例目だったそうです。
潰瘍性大腸炎の症状は血漿交換後、劇的に改善したそうです。
残念なことに血漿交換を繰り返しているうちに、効果的な時間がどんどん短くなっていったのです。
最終的には血漿交換を行なっても効果が出なくなった時点で中止となっております。

 この患者さんに湯たんぽで身体を温めて頂いたところ、25回/日もトイレに行っていたのですが、わずか5回/日のトイレに激減しました。
刺絡と気診治療の組合わせで治療しましたが、約2ヶ月間の治療で一日のトイレが1〜2回と安定しました。

 現在70歳になる女性は渋り腹と下血がありましたが、月に2回の刺絡と気診治療の組合わせで、約3ヶ月の治療ですっかりよくなりました。
その後1回/月の頻度で受診しておりますが、下血や腹痛はこの10年以上起きておりません。
いまでは潰瘍性大腸炎だったことも忘れているほどです。

 潰瘍性大腸炎にも刺絡や気診治療の組合わせが効果的です。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0