So-net無料ブログ作成
検索選択

脳腫瘍の患者さんの話 [具体的な症例]

 脳腫瘍の患者さんの治療も経験を積んできました。
一般的に当クリニックを受診される場合には、西洋医学的な治療に行き詰まった状態のことが多いのです。
なかでも、脳腫瘍はどうしても手術が最優先されますので、手術に伴った抗癌剤の治療などで免疫系が破壊された状態で受診されることが多いのです。
そこをなんとかかんとかして、免疫系の機能を立て直す方向に治療する必要があるのです。

免疫系がダメージを受けている状態とは、自律神経の言葉では交感神経が優位になっている状態です。
副交感神経を刺激することが大切な治療になるのです。

 本日受診されたのは、この脳腫瘍の手術後の患者さんでした。
脳腫瘍そのものは残念ながら、とりきれない状態で手術は終わりました。
その後、効果が乏しいのですが抗癌剤と放射線治療をしている患者さんです。

 このような治療を受けているため、白血球の数が少ないのです。
それに伴いリンパ球の%、数ともに少ない状態でした。
地元の九州から都内の大学病院まで定期的に受診してくる生活を続けていました。
自覚的にも疲れきっているそうでした。

身体表面は冷たく、いろいろな筋肉に異常なこりが認められました。
例によって身体の冷え対策として、湯たんぽの利用を勧めました。
何しろ遠方の方ですので、自分自身で出来る綿花を利用した間接灸を覚えてもらうこととしました。
奥さまにも時々出てきてもらい、自宅で二人でお灸が出来るようにしてもらったのです。
ご家族の助けがあると回復が早いのです。
受診の度に身体の調子がよくなり、白血球の数を増やす特殊なお灸のやり方を頑張ったら、白血球の数・リンパ球の%・数が増え、過去最高まで到達したのです。

 いまでは新しい仕事に転職することになり、夢を実現するために頑張れる状態になりました。
綿花を利用した間接灸と気診治療の効果を生み出すために、湯たんぽを活用する生活をしているのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com
 

足の爪もみ [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
爪もみに関心が高い方が検索なさっているのでしょう。

 これまでにいわれていた、爪もみは爪の生え際に爪をたてるような刺激をするのです。
これはやってみると痛いのですが、頑張ってやる割には効果が少ないのが特徴でした。
さらに刺激する爪の生え際にタコができやすく、頑張って爪もみをする人に限って後になってから困ることが多いのです。

 これまで爪もみに関しても書き込んできましたが、指を1本づつ捻る爪もみ・手首を反らすやり方を発表してきました。
足の爪もみに関しては1本づつ捻る方法はなかなか難しいのです。
なにしろ靴を履いた生活をしているので、足の指を1本づつ刺激するのは大変です。

 そこでつま先立ちをするのです。
ふくらはぎの筋肉を使うことで、足の指先まで血行をよくするのです。
こうして副交感神経が優位の状態が作れるのです。

 理想的にはふくらはぎが温かくなるまでつま先立ちをするべきですが、もともと血行が悪い方がやるのですから、無理せず20回から30回程度で始めてください。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

悲しくないのに涙が止まらない [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
悲しい時に涙がでますが、悲しくないのに涙がでるのはおかしなことです。

 実はこの症状は眼科の医師が困るのです。
ドライアイにも困るのですが、最悪の場合頻回に目薬をさせば何とかなるのがドライアイです。
涙が出過ぎるのは眼科医にとっては治し難い症状の一つです。

 かつて大学院でお世話になった恩師も、涙が止まらない症状で苦しんでおりました。
眼科では治せず、思い余って西洋医学以外の治療を行なっている弟子(所長のことです)のもとを訪れたのです。

 流涙はひっきりなしにみられ、ハンカチが離せない状況でした。
綿花を利用した間接灸を目に行ないました。
モグサを大盛りにしたのですが、なかなか温かい感覚がでませんでした。
繰り返し目の間接灸を行なったところ、ようやく温かさがわかるようになり、目の周りの重苦しさが軽減してきたのでした。

 その後、全身の筋肉の異常なこりを軽減させ、仕上げに気診治療を行ないました。
恩師はすべてに厳しい方でしたが、この時はほめてくださいました。
その後夕食をご一緒したのですが、涙で苦労することはありませんでした。

 こういった話を書き込むと、綿花を利用した間接灸は涙を止めるのか!と誤解する方がでてきます。
この治療法ではドライアイも改善できるのです。
ドライアイは自律神経で考えると、交感神経が優位になった状態です。
恩師のように涙が止まらない状態は、副交感神経が優位になった状態です。
綿花を利用した間接灸は、自律神経を調節する作用があるのです。

 交感神経が優位ならば副交感神経を刺激するし、副交感神経が優位ならば交感神経を刺激して適度な状態に調節してくれるのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

壮快3月号に記事が掲載されました。 [メディア掲載]

 健康雑誌の草分けである、『壮快』に記事が掲載されました。
今回の誌面のトップを飾らせていただきました。
タイトルは『40の症状に効く 特効 筋ほぐし』というものです。

 拙著『首のスジを押すと超健康になる』を上梓後に経験した、拮抗筋の利用が効果的な症状をまとめたものです。
つまり、首のスジ以外の筋肉の刺激するべきポイントをまとめてあります。

 これをやればこの病気がよくなる、のではありません。
筋肉のこりをほぐすと全身に血液循環がよくなるので、全般的な健康状態が向上すると考えてください。
いろいろな病気の改善にも効果的ですし、一般的な健康状態を向上させるにも効果的です。
筋肉のこりをほぐすのに、拮抗筋の考えを取り入れると効率がよく、効果が長もちするのです。

 近いうちにクリニックのHome Page から読めるようにしておきます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

卵巣癌の患者さんの話ー腹水の対処法 [治療法]

 卵巣癌は発見が難しく、発見された時は手遅れ状態のことが多いのです。
いくら手遅れといわれても、一縷の望みをかけて手術や抗癌剤に賭けるのです。

これまで受診された卵巣癌の患者さんは腹水のため、おなかがパンパンにはった状態で受診されたこともありました。
腹水の量が多くなると、今度は胸水まで貯まってくるのです。
そのため呼吸が出来なくなり、命取りになる可能性がでてくるのです。
そうなると困るので、やむを得ず腹水を抜いてしまうのです。
腹水の中には蛋白質が多いので、今度は低蛋白血症のために腹水が増えるという悪循環に陥るのです。

 当クリニックでの腹水の対処法としては二つあります。
まず、腹部を十分に温めることで腹部の循環血液量を増やします。
第二に筋肉の異常なこりを改善させて、貯まった腹水そのものは減らなくても、腹満感を軽減させます。
この二つの方法で対処するのですが、うまくいくときもあれば、うまくいかないときもあります。
特に腹部に綿花を利用した間接灸をたくさんすると、腹水によってむくみがでた腹膜の状態が改善できれば腹水が吸収される可能性が高くなるのです。

 多くの場合腹膜播種といって、腹膜全体に転移した状態になっていますので、厳しい状況であるのは確かです。
手をこまねいてみているだけではなく、苦しみを改善させるために治療を工夫しているのが当クリニックです。
骨盤内のうっ血を改善させるために、いろいろな工夫をしております。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com