So-net無料ブログ作成

海外から受診された乳癌の患者さんの話し [病態・治療法]

 乳癌の患者さんは多くなりました。
病気を外国語で説明されても理解し難いのではないでしょうか?
海外で病気になると心細いと思います。
言葉が堪能な方でも、心細くなるのでは?

 海外で乳癌と診断され、日本で治療法をみつけようとして帰国された患者さんが受診されました。
7ミリの乳癌ということですので、慌ててすぐに手術しなくても大丈夫という判断もあったのです。
先日亡くなった安保先生のご著書を読んで受診されたそうです。

本腰を入れて治療するので、かなり長期間滞在されるつもりで帰国なさったそうです。
診察すると、特に二の腕・臀部・大腿部が冷たいのです。
乳癌の場合には、二の腕が冷えているのはよくないのです。

湯たんぽ美人の活用と重ね着の必要性を説明しました。
これらは先日の冷えとり講演会でも説明したことです。
長期滞在とおっしゃっても、病気の性格上治療を急がなければいけません。
綿花を利用した班目式間接灸と気診治療の組合わせで行なうこととしました。
自宅でもお灸ができるようになれば、治療の頻度が増えます。
乳癌は体表面近くにあるので、治りやすい癌の一つなのです。
おなかの奥にある癌よりは治療効果があがりやすいのです。

 本日で3回目の治療です。
ようやくご自身でもお灸が出来るようになってきました。
これから名人になっていただくのですが、お灸は一生の宝物になるでしょう。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com



乳癌手術後に局所再発・リンパ節に転移をきたした患者さん [治療効果]

 標記の患者さんが受診しております。
右乳房に小さい癌がみつかり、有名病院で手術していただいたのです。
幸い温存手術で摘出可能で、着衣の状態だと体形の変化は全くわからない状態でした。

手術後には化学療法や放射線治療も不要とされたのですが、手術後約1年にして局所再発と左腋窩リンパ節に転移がみつかったのです。
これ以上身体を傷つけたくなかったので、化学療法を拒否して当クリニックを受診されたのでした。
9月末日のことでした。

診察すると冷えきった身体でしたが、自覚がありませんでした。
湯たんぽ美人を使うと気持ちがよく、冷えていたことにようやく気付いたのです。
治療の頻度を高めるために、綿花を利用した班目式間接灸と気診治療を行ないました。
徐々にご自身でもお灸ができるようになりました。
治療開始後1ヶ月の超音波検査では、局所再発および腋窩リンパ節は縮小傾向にあるのは判明しておりました。
先週のPETでは、どちらも活動性の状態ではなくなっていることがわかりました。
2ヶ月少しの治療でこれならば、まずまずの成績です。
これからは油断なく生活することが大事になってきます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

慢性疲労症候群はよくなる?:慢性疲労症候群はよくなります! [治療効果]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
一般に慢性疲労症候群や線維筋痛症は治らない病気とされております。
しかし、適切な治療をすれば治ります。
100%の治癒率ではありませんが、慢性疲労症候群では42%が、線維筋痛症では35%は完治します。
詳細は湯たんぽのブログを参照してください。

 慢性疲労症候群や線維筋痛症に限らず、癌や関節リウマチなどの、一般に難治とされている病気でも、治療法を選ぶと症状の改善はみられます。
その後ある程度快適な時間が続くと、治癒に至ります。
治るか否かは、この快適な時間が十分に確保出来るか?にかかっていると考えております。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

だいぶ寒くなりました! [季節]

 冷え込んできております!

実は週末に新潟に行って参りました。
安保先生のお通夜に参列してきました。
新潟は寒かったです。
会場が海の近くなので風が強く、寒かったのです。
耳はニットの帽子を冠っていたので大丈夫でしたが、顔が痛いほど冷えました。

 奥さまと初めてお目にかかりました。
お世話になったお礼をのべて参りました。

 ネット情報では安保先生は暗殺されたのでは?という意見がありましたが、実態はそうではありません。
死因に関してはプライバシーの問題があり、ここには書き込めません。

 今年は5月と11月に研究会がありましたが、11月の研究会での安保先生は急に老け込んだ表情でした。

 寒くなると血液循環が悪くなります。
安保先生は冬には夏よりもリンパ球の数が400個少ないという内容を、日本統合医療学会での特別講演でお話になっておられました。
あれは東京女子医大田中朱美先生が会長をやったときだったので、20年近く前の話になります。
自律神経免疫治療が始まった頃の話です。

 寒いと免疫機能が低下します。

 ご用心!

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

安保 徹先生ご逝去 [訃報]

 安保 徹先生がご逝去されました。
今朝のことです。
詳細は書き込みません。

 ご冥福をお祈りします。

             合掌


青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

耳鳴りに苦しんでうつ病を合併した男性の話 [治療効果]

 耳鳴りがひどく、都内の大学病院耳鼻科で治療を受けたのですが、意に反して耳鳴りが増悪したあげく、うつ病まで発症した患者さんが受診されました。
耳鳴りに苦しんでいらっしゃる方は多いですが、なかなか効果的な治療法が少ないですね。

 かつて漢方治療しかできない施設に所属していた時代に、耳鳴りは治るといってはいけない!と所内におふれがでておりました。
漢方治療ではうまくいっても、耳鳴りが気にならない程度にしか治らないのが普通でした。
耳鳴りはこのように治すのが難しい病態です。

 この患者さんはまず、身体が冷えきっておりました。
どうも寝室が寒いようです。
湯たんぽによる身体の加熱だけでは不十分ですので、一晩中暖房を稼働していただくことにしました。
もちろん湯たんぽは少なくとも、3時間に一度はお湯を沸かし直して使ってもらいました。

 こうして身体が温まるようにしただけで、身体が楽になったという実感がでてきたそうです。
1週間後の再診の日から、綿花を利用した班目式間接灸と気診治療の組合わせで治療を始めました。
耳鳴りがある患者さんは、首・肩が凝っていることが多いのです。
首が凝り過ぎて、耳に流れる動脈が圧迫されるのです。
その時に、鼓膜近くにある動脈の血液の流れが速くなるので耳鳴りがでてくるのです。

 治療としては、耳に流れる動脈が圧迫されない状態にすればいいのです。
うつ病が単独である患者さんも、首・肩の凝りが著しいのです。
首から上の血液の流れが悪くなって、気分が優れないのです。
この患者さんの場合では、耳鳴りとうつ病を合併しておりますが、どちらの病態も首肩こりを改善させればよくなる可能性が高いのです。

 首や肩の凝りを改善させればいいのですが、注意しなければいけないことがあります。
凝っている筋肉そのものを刺激すると、結果的に悪くなるのです。
刺激した直後は楽にはなりますが、そのようなやり方を繰り返していると楽になっている時間がどんどん短くなります。
最終的には刺激している傍ら凝ってくる状態にまで至ります。

 その解決法として、首のスジを刺激するのです。
班目式間接灸で首のスジを刺激すると、ほとんど左右に動かなかった首が左右に動くようになりました。
班目式間接灸の刺激前には右も左も5度程度にしか首は動きませんでしたが、班目式間接灸で首のスジを刺激した直後には約60度まで動くようになりました。
身体の他の部位を班目式間接灸で刺激した後に再び首のスジを班目式間接灸で刺激すると、首はほぼ真横まで向けるようになり、同時に耳鳴りが軽減してきました。

 この首・肩のこりが改善させられれば、耳鳴り・うつ病はともに治る方向に向かうでしょう。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com