So-net無料ブログ作成

慢性疲労症候群はよくなる? [治療効果]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
慢性疲労症候群はよくなります!
慢性疲労症候群は、本来は治る病気です。
しかし、治療法を間違えると治りません。
当クリニックでは、治癒(完治した)率は42%です。

慢性疲労症候群や線維筋痛症に関しては湯たんぽのブログに詳細を書き込んでおります。
そちらをご覧ください。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

高血圧の治療で悩んでいた患者さんの話 [病態]

 高血圧を指摘されましたが、降圧剤は使いたくないという患者さんが受診されました。
健康診断で血圧が190-120mmHgを指摘され、高血圧を放置する危険性を説明されたのですが、いろいろと薬の怖さもご存知で、降圧剤の内服には積極的になれないとのことです。

 診察すると、おなかが冷たいのです。
二の腕やお尻も冷たいのですが、ご本人はその冷たさには全く気付いていないのです。
身体が冷えると、動脈が縮みます。
そのため血圧を高くしないと、身体のスミズミまで血液が流れなくなるのです。
血圧が高いからといって、この身体の冷えを放置したまま降圧剤を使うと、身体のスミズミまで血液が流れなくなります。
逆にこのような身体の冷えを解消させると、血圧が正常化することが多いのです。
冷えの解消には、湯たんぽ美人による身体の加温が最強の治療法となります。

 冷えの解消をしないで降圧剤を使うから、近年では脳梗塞が増えてきたのかもしれません。
脳梗塞は根本的には、脳に十分に血液が流れない状態なのです。
もしかしたら認知症も、同様の機序で発症している場合があると思います。

 血圧だけで病気治療を考えるのではなく、血圧が高くなる理由を考えてから治療しないと新たな病気を作り出してしまうかもしれません。

降圧剤を利用して高血圧のコントロールができたとしても、寿命には影響しないという疫学的なデータもあるのです。
血圧が上昇する機序を考えない治療はナンセンスです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

風邪の治療について [治療法]

 風邪をひいた時に、早く治ると嬉しいですね!
風邪をひかないのがいいのですが、なかなかそうはいかないこともあります。
所長は西洋医学しかやっていなかった時代には、風邪の治療とは薬でするものだとしか考えておりませんでした。

 風邪の診断そのものが非常に早い段階でできるようになり、さらに風邪の治療そのものが薬よりも気診治療や針灸治療の方が的確な治療になることが判ってきました。
風邪の診断が早くなったので、非常に軽微な状態で風邪の治療が出来ます。
なにしろ風邪をひいている本人が気がつかない段階で、風邪をひいていることが判るのです。
風邪は長引くとこじらせます。
もともとの病気が治り難いのか、風邪そのものが悪さをしているのか判然としないこともあります。
しっかりと風邪の治療をしたあとに、もともとの病気の治療をする必要があります。

 時々、風邪をひいて具合が悪いから受診できない、と連絡してくださる患者さんがいます。
動けないほど辛い場合が多いのですが、当クリニックでは這ってでも受診することをお勧めします。
一見無茶な話なのですが、結果的にはその方が早く治ります。
自宅で寝込んでいても、回復に時間がかかります。
無理して受診なさると、多くはその場でスッキリしてくることが多いのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com