So-net無料ブログ作成
検索選択

日本一冷えとりにうるさいクリニック宣言7 [宣言]

 病気を治すにはいろいろな方法があります。
当クリニックでは、薬物治療を使わずに治療をしていくことが多いのです。
必要な場合には薬物治療を行なうことを否定するものではありません。
そのように希望する患者さんが多いのです。

これまでに何度も繰り返してきましたが、冷えは必ず治せる病態です。
それを改善させつつ治療すると、さしもの難病も治る方向に向いてくるのです。
冷えだけを対象にしていたのでは、治療効果は乏しいのです。

 日本一冷えとりにうるさいクリニックといっているくせに、言うことが違う!とお叱りを受けそうですが、冷えとり後の治療法が効果的なので当クリニックの治療効果が高いのです。

当クリニックは冷えとりをしているだけではないのです。

伝統医学の用語では刺絡と呼ばれる自律神経免疫治療、針やモグサの替わりに”気”を用いる気診治療そして綿花を利用した間接灸などを駆使する治療法があるのです。
治療のレパートリーは少ないのですが、その運用の仕方によってほぼ全ての病態に対応が可能になっているのです。

当クリニックでは治療法のレパートリーの多さはありません。
手慣れた治療法を究極まで高める努力をしてきました。
その結果いくつかの難病を克服出来るだけの効果を出しているのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com
 

日本一冷えとりにうるさいクリニック宣言6 [宣言]

 なぜ絶対に治せる!というのか?
ごもっともな質問です。
理想は高く掲げなければいけません。

これまでに所長は大学を中心に研鑽に励んできました。
尊敬できる、多くの先輩をみてきました。
しかし、残念な先輩も知っております。
具体的なお名前は控えますが、漢方治療をメインとする施設に所属していたときには愕然とすることがありました。

癌をはじめとする悪性腫瘍の治療の議論をしていたときの話です。
なんとかして癌や悪性腫瘍の患者さんの状態を良くしようとディスカッションをしていたときに、
その施設のトップの医師が、癌なんか治らないから無駄なことはするな!と一喝したのです。

続きを読む


日本一冷えとりにうるさいクリニック宣言5 [宣言]

 なぜこんなに冷えとりにこだわるのでしょうか?
ごもっともな疑問です。

 身体の表面が冷えていると、最終的には内臓に十分に血液が流れなくなるのです。
そのために内臓の機能が低下した状態になるのです。
冷えがあることは内臓の機能低下状態を意味するのです。

 内臓の機能が悪くて、よくなる病気などあるはずがありません。
身体表面の冷えと内臓の機能の関係は考えてみればすぐにわかることですが、医療機関ではなかなか理解してもらえないのが現状です。

 内臓の機能と自律神経の機能そして免疫はお互いに密接な関係があります。
むしろ三位一体と考えた方が現実を反映しているかもしれません。
免疫だけで考えても治療方針がたたない場合には、自律神経から考えれば活路がひらけることも多いのです。
柔軟な考え方で難病を治療する初めの一歩が冷えとりなのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com




日本一冷えとりにうるさいクリニック宣言4 [宣言]

 難病を治療するのは、どのような治療手段でも難しいのです。
例外的に急速な改善をみることもありますが、ある程度の患者さんの数が増えると、そうでもないことが判ります。
なんらかの治療手段ですぐに改善させられなくとも、改善する方向にもっていく必要は大きいのです。
そうして時間稼ぎをしているうちに、身体の状況がさらにいい方向に向かえばさしもの難病も治るのです。

 そのなかで、難病はすぐには治らないかもしれませんが、冷えの問題は必ず解決出来ます。
必ず治せる冷えを治すと、難病は治る方向に向かいます。
やがて難病は治るのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

日本一冷えとりにうるさいクリニック宣言3 [宣言]

 冷えは必ず治せます。
身体が温かくなるまで加熱して、その熱を局所に保持すれば治ります。
そのために必要なアイテムが湯たんぽです。

湯たんぽは数多くありますが、そのなかでも日本一の湯たんぽメーカーであるマルカが作製してくれた『湯たんぽ美人』が最強の身体を温める働きをもった湯たんぽです。
この湯たんぽで多くの難病の患者さんが救われております。

 効果判定が判りやすいので、慢性疲労症候群や線維筋痛症の患者さんで調べてくました。
わずか10日間の湯たんぽ美人の利用でJFIQが20点も低下しております。
和温療法では3ヶ月かかって20点程度の低下でしたが、湯たんぽ美人ではわずか10日でした。

 通院の手間も不要でお金もかからない、この湯たんぽ美人がこんなにも効果があるのです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com 

日本一冷えとりにうるさいクリニック宣言2 [宣言]

 冷えで検索すると、いろいろな医師あるいは商品を売る人がいろいろなことを言っております。
冷えを治すためには複雑なことはいりません。

 冷えの病態は単純です。
難しいことをやって、冷えが治っているでしょうか?

極めて単純なことを見逃していることが多いのです。
身体が温まるまで身体を加熱すること、そして温かくなったその熱を局所に保持すればいいのです。

単純きわまりないのが事実です。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

日本一冷えとりにうるさいクリニック宣言ー冷えは必ず治せる! [宣言]

 このブログを訪問してくださる方はご承知でしょうが、当クリニックでは身体の冷えの改善を大切に考えております。
冷えという言葉自体が医学用語ではないのが現状ですが、冷えの問題を避けていては難病は治せません。
そのため、これまでさまざまな方法で冷えの解消を目指してきました。
その過程で、多くの協力者と出会いました。
そして多くの冷えとりの器具を開発し、冷えとりの治療法を開発してきました。

その結果、冷えは絶対に治せる!と確信するに至りました。
そこで、当クリニックは日本で一番冷えを改善させることにうるさいクリニックであり、冷えを改善させることが上手なクリニックと考えます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com