So-net無料ブログ作成

まもなく80万アクセス [その他]

 このブログを始めて6年経ちました。
おかげさまで、まもなく80万アクセスとなります。
始めた頃は10万アクセスすら夢にも思いませんでしたが、それがまもなく80万アクセスです。

 本人だけが興奮してもしょうがないのですが、これからも適宜書き込みを続けます。
これからも、ごひいきの程よろしくお願いします。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

怪しい? [その他]

 これは当クリニックを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。

なるほど、世間的には当クリニックは怪しくみえるでしょう!
それは通常の医療機関とは異なり、通常の保険診療で認められない治療を中心に診療しているためなのです。
これまでの様々な診療経験から、今の診療のスタイルが出来上がってきました。

 かつては西洋医学しか出来ませんでした。
それに漢方医学を追加し、研鑽を積んだ針灸治療を臨床応用しました。
漢方医学は保険診療でも認められておりますが、針灸治療は保険診療の範囲では医師が行なうには無理があります。

 某女子医科大学附属青山自然医療研究所(既に廃止されております)で、約10年間の臨床経験を積みました。
この施設では保険診療の縛りから離れて、どんな治療手段でもいいから患者さんの苦痛を減らせ!という方針がありました。
ここでの経験で、様々な難病といわれる病気でもそれなりの手順を踏んで治療すれば、何とかなることが判明しました。
その成果を各種学会で発表してきました。
また、特に線維筋痛症学会では、ある程度評価していただけたようです。
線維筋痛症診療ガイドラインという書籍を学会が発行しておりますが、その中の統合医療の項を執筆させていただいております。
難病とされて、治らないのが当たり前の線維筋痛症の治癒例を多数報告してきたので、学会幹部には興味を持っていただけたようです。

 現代日本では保険診療という縛りがあるため、所長のような治療法はどうしても異端の扱いを受けます。
世間的にみれば、怪しいのでしょう。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

元乳癌の患者さんが乳癌の患者さんを紹介してくださいました [その他]

 かつて某医科大学附属青山自然医療研究所に在籍していた頃の話ですが、乳癌の患者さんの治療をしておりました。
順調に乳癌が小さくなり、やがて消失しました。
乳癌が消失してから時々は受診して欲しかったのですが、それも適いませんでした。
その元乳癌の患者さんは時々患者さんを紹介してくださったのです。
そのような事情があったので、お元気に過ごしていらっしゃるだろうと思っておりました。

 本日その元患者さんがご自身と同じ乳癌の患者さんを紹介してくださいました。
かなり小さい乳癌で発見されたので、時間の余裕があります。
癌ができないように、体質改善を試みます。

 日常生活の注意・刺絡・綿花を利用した間接灸・気診治療の組合わせで治療します。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com
 

書き込みができませんでした。 [その他]

 先月の首のこりを改善させるテレビ放送の後から電話が殺到しました。
通常の業務がこなせない程の電話で、驚きました。
それに伴い、ブログを更新する時間がとれなくなりました。

 多少の時間がとれる場合にはなんらかの書き込みをしていきます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

福田 稔先生 ご逝去 [その他]

 福田ー安保理論が出来るきっかけとなった、あの福田 稔先生がご逝去されました。
すでに葬儀は新潟市で執り行われております。

 ご冥福をお祈りいたします。

        合掌

いつの間にか、40万人以上の方がご訪問 [その他]

 ブログを始めてから、もうすぐ3年になります。
ふと気づいたら、累計で402,485人が訪問してくださいました。
ある先輩ブロガーさんが40万人を超えたのを拝見したときには、自分にも同じことが起こるとはとても考えられませんでした。

 身の回りのことを書き続けているのですが、多少お役にたっていることもあるのか!と思います。
これからもこのスタイルは変えるつもりはありません。
これからも時々訪問してくださるよう、お願い申し上げます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

紹介状は書けないといわれた。 [その他]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
なにしろ検索ワードですので、どのような状況の話か判りません。
かつて某大学附属青山自然医療研究所に所属していたときには、同じ大学内の他の科から受診してきた患者さんも同じことをおっしゃっていたことがありました。
青山自然医療研究所には紹介状が書けない、これは医局の決定です、といわれたそうです。

 しかし、紹介状なんて必要ありません。
どのような経過なのか、判ればいいのです。
自分自身の病気のお話がわかれば、当クリニックでの治療にはなんの問題もありません。

 無理に紹介状を書いてもらおうとしなくて、結構です。
それで不愉快な思いをすると、病気は治りにくくなります。

 全ては病気を治すために!

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

安保 徹先生との懇親会 [その他]

 明日自律神経免疫治療研究会が開催されます。
本日は当たり前のことですが、研究会前日にあたります。


続きを読む


刺絡に使う注射針のこと [その他]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
刺絡は効果がありそうだけれどの、何となく怖いと感じるのが普通の感覚だと思います。

よくわかる例で説明しましょう。

続きを読む


TBSラジオに声の出演をしました。 [その他]

 健康雑誌『壮快』に記事が掲載されました。
その記事の話題で、今朝のラジオ番組に短時間でしたが出演しました。
生島ヒロシのおはよう定食・おはよう一直線という番組でした。
http://www.tbs.co.jp/radio/ohayou/uruoi.html
 
 首もみの話だったのですが、言葉だけで首もみの説明をするのが難しいことを痛感しました。
対面している患者さんでも、現場ではちゃんとできても次回には初めに覚えたやり方とは違うやり方で首もみをしていることがあるくらいです。
まだまだ説明が下手なようです。
大いに反省させられました。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://dr-madarame.com