So-net無料ブログ作成
治療効果 ブログトップ
前の10件 | -

肺癌の患者さんの話 [治療効果]

 3ヶ月前から肺癌の患者さんの治療をしております。
70歳台の女性です。
煙草も吸わず、定期的に運動もなさる健康的な生活のようです。

健康診断で、たまたま胸のレントゲン写真で肺の異常陰影を指摘されたのでした。
比較的小さな影でした。

診察すると身体が冷えておりましたが、本人は全く気付いておりませんでした。
筋肉の異常なこりが広範囲に観察されました。

まずは湯たんぽを利用して冷えを改善すること、そして綿花を利用したまだらめ式間接灸と気診治療の組合わせで治療を始めました。

週に1回は必ず受診し、治療を受けました。
湯たんぽが快適に感じることで、初めて冷えに気付きました。
また、自宅でも頑張ってお灸をやってくださいました。

 初めのCTから4ヶ月経ったところで経過観察のCTを撮影したところ、肺の異常な陰影は小さくなってきました。

 これから油断せずに頑張れば、消えてなくなるかもしれません。
油断すると大きくなる病気です。
注意深く治療していきます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

白血球増やすお灸 [治療効果]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。

抗癌剤を使っている患者さんが検索なさっているのでしょう。
抗癌剤は驚くほど効果的なことがあるのは事実です。
ただ、その確率が低いことが問題です。

絶対に抗癌剤を使うな!という意見もありますが、当クリニックではケースバイケースで考えます。
抗癌剤でなければならない状況もあるのが現実なのです。

 一方、抗癌剤を使いたくとも使えない状況もあります。
それは白血球や血小板の数が減ってくると、生命の危険が迫るために抗癌剤は使えなくなります。

白血球や血小板の数を増やす手段があれば便利ですね。
治療の選択が拡がります。
白血球の中の顆粒球を増やす注射薬はあります。顆粒球は増やせますが、リンパ球は増やせません。
抗癌剤が効果的になるにはリンパ球の数が多くなければいけません。
従って、単純に顆粒球を増やすだけではなく、リンパ球もともに増えるような治療法が必要になります。

 そんなに都合良くいくのでしょうか?

うまくいくのです。
踵に大量のお灸をすることなのです。
せんねん灸や綿花を利用した間接灸ではうまくいきません。

それなりの刺激が必要なのです。

顆粒球とリンパ球がバランスよく増えることのほか、血小板の数が増える効果があります。
血小板の数を増やすのは非常に難しいのですが、踵のお灸ではそれが可能です。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

乳癌手術後の再発転移について [治療効果]

 乳癌はかつてはアジアの女性には少ないとされてきました。
しかし、今では日本人女性の癌の中では罹患者数ではトップになっております。
女性の14人に1人は乳癌になる、とされております。

 最近は早期発見例が多いようですが、手術できても再発・転移が心配になります。
血液検査で、リンパ球の数が多い方のほうが再発転移は少ないことが判明しております。
そのため、手術前からリンパ球を増やすことが大切です。

 不幸にして再発・転移がでても、リンパ球が多い方が都合がいいのです。
癌細胞をやっつけるのがリンパ球です。
まずはリンパ球の数を増やすことが必要です。

 湯たんぽ美人を利用して身体を十分に温めることが必要です。
次いで、あるいは同時に筋肉の異常なこりを改善させると全身に血液が流れやすくなります。
この状態が副交感神経が優位な状態で、リンパ球が増える状態なのです。

 当クリニックを受診してこの状態になり再発・転移が消失すると、多くの場合治療を中断します。
残念ながら、自宅での自己治療を続けるのが難しいようで、1年過ぎた頃にまた再発したという連絡が入ることも多いのです。

 再発・転移が消失したとしても、あくまでも目にはみえない、検査ではわからない程度の話です。
癌はそんなに簡単な病気ではありません。
癌を作り出す体質そのものを変えなければいけません。

 体質というものは、そもそも変わらないものなのです。
それを変えるのには時間がかかります。
生涯に渡る努力が必要になる、と考えたほうが間違いはないのです。

 季節の変わり目程度にでも受診すると、気がつかない悪さが発見出来る例が多いようです。
悪さが大きなると治りにくくなります。
悪い芽は小さいうちに摘んでしまうことです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0) 

線維筋痛症 完治 [治療効果]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。

線維筋痛症の患者さんは日本全国に200万人いる、と言われております。
慢性疲労症候群と並んで、治り難い病気として知られております。
これは薬物治療では治り難いのですが、当クリニックで行なっている治療法では
線維筋痛症は35%が、慢性疲労症候群では42%が完治しております。

この状況は線維筋痛症・疲労学会でも何度も発表してきました。

その詳細はこちらのブログを参考にしてください。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0) 

自律神経免疫治療の効果はどれ位ででるの? [治療効果]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
治療の効果を心配されているのですね。

 自律神経免疫治療はその場で変化を感じ取れます。
例えば冷えた身体に湯たんぽ美人を使って身体を温めると、温かく感じます。
凝り固まった筋肉のこりが、爪もみや刺絡・綿花を利用した班目式間接灸や
気診治療で軽減するのがその場で実感できます。

 筋肉のこりが軽減してくると、内臓に流れる循環血液量が増えてきます。
その結果、内臓の機能がよくなるのです。
いろいろな症状・病気がよくなる方向に向かいます。
ある程度の期間、このような身体にとって望ましい時間が維持できれば
病気そのものが治る確率が高くなるのです。

 クリニックでの治療だけでは、身体にとって望ましい時間が不足します。
そのため、患者さんご自身で湯たんぽでしっかりと身体を温めたり、爪もみをしたり、綿花を利用した間接灸を行なうなどの努力が必要になります。
努力して身体が変化してくるのが判ると、また頑張ろうという気持ちになってきます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

慢性疲労症候群はよくなる? [治療効果]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
慢性疲労症候群はよくなります!
慢性疲労症候群は、本来は治る病気です。
しかし、治療法を間違えると治りません。
当クリニックでは、治癒(完治した)率は42%です。

慢性疲労症候群や線維筋痛症に関しては湯たんぽのブログに詳細を書き込んでおります。
そちらをご覧ください。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

肩首こりがつらい、30歳台の男性患者さん [治療効果]

 肩こり首こりに、ほとほと困っている30歳台の男性患者さんが受診なさっております。
頻回にマッサージを受けていたら、効果的な時間がどんどん短くなってきているのです。
先行きが心配になり、受診なさったのです。

診察すると身体は冷えきっておりました。
汗をかきやすいそうです。
肌もやや汗ばんでいる状態でした。
身体が冷えているから汗のもとの水が多い状態なのです。
そのために汗をかきやすいのです。
汗をかくと気化熱で熱をとられ、かえって冷えるのです。
十分に身体が温まると汗かきは治ります。
汗のもとの水がなくなるからなのです。

肩・首に限らず、背中や腰の筋肉も異常なこりがみられました。
睡眠も満足出来ないそうで、寝付きが悪く夜中に目が覚めてしまったり、明け方に目覚めたりもするそうです。

 筋肉のこりがひどいために、脳にうっ血が多くなっているのでしょう。

まずは湯たんぽ美人を使って身体を加温していただきました。
1週間後の再診では肩こりが軽減してきたそうですが、眠りの質までは改善しなかったそうです。
刺絡と気診治療の併用で治療を始めました。
本日が2回目の治療の日でしたが、肩こりはほとんど気にならなくなっておりました。
しかし、首が左右に回らない状態でした。
そこで、拙著『「首のスジを押す」と超健康になる』の治療手段である首のスジを刺激しました。
治療前は首はせいぜい10度しか回らなかったのですが、治療後にはほぼ真横つまり、90度近くまで首が舞わせるようになりました。
頭がボーッとしていたようですが、非常にスッキリして気分がよくなったそうです。

この刺激を繰り返せば、快適な生活になるでしょう。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

前立腺癌の患者さんの話し [治療効果]

 70歳台の男性の前立腺癌の話です。
前立腺癌になって5年経過した方です。
手術がイヤで自分自身で治そうと、いろいろと研究してPSA値を下げてきたそうです。
当初は40程度だったのですが、食餌療法を研究し、10前後まで低下して3年たったそうです。
しかし、半年前からPSAが急上昇し、ついに100まで達してしまったのです。

そこで何とかしてくれということで、当クリニック初診となりました。
診察すると、身体の冷えが目立ちます。
湯たんぽ美人での身体の加温を勧めました。
治療を急ぐ必要があり、2ワクで綿花を利用した班目式間接灸と気診治療の組合わせで治療することになりました。

 1ヶ月後には65まで低下、3ヶ月には28まで低下してきました。
綿花を利用した班目式間接灸は一日に最低でも2回は行い、日曜日には4-5回行なってるそうです。
綿花を利用した班目式間接灸は自宅でも行なえるので、治療の頻度が高くなる利点があります。

 癌の患者さんには効果的な治療手段です。
覚えるのに少し時間はかかりますが、頑張って覚える値打ちのある方法です。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

早期胃癌の患者さんの話 [治療効果]

 胃の不快感のために内視鏡検査を受けた所、早期胃癌を指摘された患者さんの治療をしておりました。
開腹手術が嫌だったそうですが、内視鏡手術が適応になると喜んでました。
奥さまが当クリニックの治療をご存知だったので、再発転移の予防になると考え、手術前から治療することになったのでした。

 初診時には冷たい、冷えきった身体でした。
湯たんぽ美人で身体を温めると、身体が冷えていることが初めて理解出来たようでした。
綿花を利用した班目式間接灸と気診治療の組合わせで治療を開始しました。
当初は自覚的には何も苦痛はない!とおっしゃっておりましたが、筋肉の異常なこりを指摘すると自分の身体にも悪い所があることに気付いたようです。

 毎週欠かさず受診され、自宅でも夜だけではなく、起床時にも綿花を利用した班目式間接灸を行なうという徹底ぶりでした。
そのかいあって、治療開始後約2ヶ月後の内視鏡手術は無事に終わりました。
術前にあった癌組織はかなり小さくなっていたそうです。
先日手術標本の病理組織検査の結果がでました。

 癌細胞は見当たらないという結果でした。

今回はこのような結果でしたが、今後他の臓器から別な癌がでてくるかもしれません。
今回のように班目式間接灸を頑張らなくとも、週に数回は忘れずにやりましょう、と提案しました。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

冷えは絶対に治ります。 [治療効果]

 理性のある人ならば、絶対という言葉は使いません。
しかし、冷えを治す場合にはあえて『冷えは絶対に治ります』と申します。

身体の冷えている部位が温かくなるまで加熱し、ある程度重ね着してその熱を局所に保持したら、冷えは治るのです。
治る筋道がはっきりと判っているから絶対という言葉を使うのです。

治らない場合は3つの原因があります。
第一に十分に身体が温まっていない場合があります。
第二に温まったとしても、重ね着が不十分で熱を局所に保持できていない場合です。
第三にこれらの第一と第二がだぶった場合があります。

つまり、十分に加熱保温すれば冷えは必ず治せる性質のものです。
そのためには湯たんぽによる加熱が第一歩なのです。
それに付随するもろもろのことがでてくるのです。

 当クリニックではもろもろを追求してきました。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com
前の10件 | - 治療効果 ブログトップ