So-net無料ブログ作成
検索選択

冷えとり講演会開催のお知らせ [講演会]

 現代日本の医療では、冷えは治療の対象にはなっておりません。
しかし、現実には冷えで病気になったり、冷えのために病気が改善しない患者さんが非常に多いのです。
何しろ治療の対象にしていないので、大学病院などで冷えを訴えてもなかなか相手にしてもらえません。
かろうじて冷えを診る頻度の高い婦人科、あるいは漢方治療を専門にしている医師が冷えの治療をしているのが実情です。
 所長の臨床経験では、漢方薬や食事療法で治る冷えはあまり大したことはありません。
冷えの程度が悪いとせっかく高価な漢方薬を内服しても、あるいは効果的とされる食品を食べても、吸収がはかばかしくなく、効果がでないことが多いのです。
この場合には物理的に温めることが最速で冷えを改善させてくれるのです。
ここでお役にたつのが湯たんぽなのです。
湯たんぽは使い方一つで効果が全く変わってきます。
冷えを治せる湯たんぽの使い方を公開します。
 
 こういった方法を知っているか?その方法を実行しているか?で冷えの改善速度が変わります。
病気に苦しんでいらっしゃる場合でも、冷えの要素を取り除けば身体は楽になり、病気が完治する日が近づきます。
当クリニックは日本一冷えとりにうるさいクリニックです。
当クリニックの経験をすべて冷えとりの講演会に公開します。

 冷えに悩んでいらっしゃる方は、この機会に受講してみませんか?
日本一冷えとりにうるさいクリニックの冷えとり講演会は下記の要領で行ないます。

            記
開催日:平成29年2月4日(土)
会場:青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 
開場:午後2時
講演開始時間:午後2時30分
質問の時間を含め約1時間で終了する予定です。
参加費:1,000円
先着10名様の募集です。
応募方法:
参加ご希望者の氏名・連絡先(メルアド+当日連絡がとれる携帯の番号)・どんな症状で苦しんでいらっしゃるのかを明記して、このブログのコメント欄から申し込んでください。
クリニックへの電話連絡は業務に支障がでますのでご遠慮願います。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com
 




冷えとりの決定版:講演会を行ないます。 [講演会]

 当クリニックは日本一冷えとりにうるさいクリニックです。
冷えは必ず治せるものだという信念で治療しており、実績を積み上げてきました。
冷えの改善に成功すると、様々な症状・病態が改善してくるのです。

 このような状況をご存知の医師が北海道の冷えを治したいという目的で、講演会を開催してくださいます。
 以下にポスターを示します。
北海道で冷えに苦しんでいらっしゃる方はお出かけください!

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com





続きを読む


北海道で講演してきました。 [講演会]

 以前書き込んだアトピー性皮膚炎の患者さんを対象とした講演会のため、北海道に参りました。
稚内まで飛行機で行き、その後豊富という街に参りました。
そこにはアトピー性皮膚炎がたちまち治る!とまで言われている温泉がありました。

寡聞にして、そこまで素晴らしい温泉のことは知りませんでした。
自分で出来る健康法というタイトルで、冷えとりの必要性と具体的な方法を説明しました。
湯たんぽ美人の効果には多くの参加者が驚いたようです。
爪もみワニくんも興味を持った方が多かったのです。
この豊富温泉にはアトピー性皮膚炎歴が長くて苦しんでいらっしゃる方が、最後の砦として長期間滞在しているようでした。

講演後には交流会があり色々な質問に答えることができて、面白い経験でした。

続きを読む


アトピー性皮膚炎の患者さんを対象にした講演会をします。 [講演会]

 アトピー性皮膚炎に限った話ではありませんが、自分自身でできる健康増進法をテーマにした講演会を行ないます。
場所は当クリニックではなく、北海道です。
この時季の北海道は訪問したことがないので、お引き受けしたのです。
かなり寒い地域だそうですが、豊富温泉が会場になります。

詳細はポスターを参考にしてください。
ポスターがアップ出来ませんでした。
ここをクリックしてください。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

線維筋痛症学会:診療ネットワーク教育研修会で講演します。 [講演会]

 線維筋痛症診療ガイドラインに、統合医療の項を書いております。
そのご縁で、こんどの週末に開催される標記の講演会でお話することになりました。
難病とされる線維筋痛症には西洋医学の治療では間に合いません。
伝統医学やさまざまな考えに基づくいわゆる代替医療を行い、患者さんを苦痛から救おうとするのが統合医療です。

 統合医療だからなんでもよくなるのではありません。
いわゆる難病は、どんな医療を駆使しても治療するのは難しいのです。
しかし、真剣にさまざまな工夫をすることで、線維筋痛症は治せる病気であることが判明してきました。

続きを読む


線維筋痛症と慢性疲労症候群に限定した講演会:ご案内 [講演会]

 線維筋痛症や慢性疲労症候群は難治とされてきましたが、実際には治る病気です。
当クリニックの治療成績については、線維筋痛症学会や疲労学会などで発表してきました。
慢性疲労症候群では42%が、線維筋痛症では35%が治癒しております。
しかし、患者さんはそのような情報に接する機会がないので、最もその情報を必要とする人々には届かない状況です。

 こうすれば治る方向にいく、ということは判明しております。
このような情報を、必要とする人々にお届けするための講演会を下記の要領で開催します。

                記
日時:平成25年7月27日(土)
会場:当クリニック
開場:午後2時 講演開始:午後2時半 約1時間講演します。質疑応答に時間を割きます。計2時間予定します。
講師:当クリニック院長班目 健夫
対象:線維筋痛症や慢性疲労症候群の患者さんおよびご家族
参加費:無料
地図:青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

*資料準備の都合があります。
必ず、事前に連絡してください。
連絡先:info@dr-madarame.com メールで参加人数、氏名・連絡先を明らかにして予約してください。
メールが使えない場合にはFAXでご連絡願います。FAX:03-3405-4988
電話での連絡は業務に差し支えますので、ご遠慮願います。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

線維筋痛症と慢性疲労症候群を対象にした講演会のお知らせ [講演会]

 線維筋痛症や慢性疲労症候群の患者さん、およびご家族を対象とした講演会を下記の要領で開催します。
日常生活での注意点、こんな治療をすると治癒するといったことを解説します。
          記

とき:平成25年7月27日(土)、開場午後2時・講演開始午後2時30分
ところ:当クリニック 地図は http://www.dr-madarame.com を参照してください。
演者:当クリニック院長 班目 健夫

申し込み:受け入れに限りがあります。聴講をご希望の方は参加者の氏名・人数・連絡先を明らかにして、メールで申し込んでください。当クリニックHome Page お問い合わせの欄からメールできます。
先着順15名様までとさせていただきます。業務に差し支えますので、電話でのお問い合わせはご遠慮願います。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://www.dr-madarame.com

気診研究会青山支部発足記念講演会のお知らせ−2 [講演会]

 以前このお知らせをだしてから、だいぶ時間が経ちました。
もうこの週末のことになりました。
どのような話をするか、大筋は決まっております。

気診治療に必要なこと・気診治療をすると何が変わるのか・そして実際に気診治療を体験していただきます。

興味を持っている方は意外と少ない印象があります。
参加希望の方はメールでご連絡ください。
開催要領は下記の通りです。

         記

日時:平成25年4月13日(土)、開場午後2時・講演開始予定 午後2時半
講演時間は約1時間を予定しております。
会場:当クリニック
講師:気診研究会青山支部 支部長 班目 健夫
講演内容:気診治療とはどんなものか?
参加費用:無料
*参加人数に限りがあります。必ずメールで以下のアドレスに事前に申し込んでください。 
電話は業務に支障がでますので、必ずメールにしてください。メールが使えない場合にはFAXで申し込んでください。
info@dr-madarame.com FAX:03-3405-4988
参加希望者の氏名、連絡先を明記して連絡してください。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://dr-madarame.com

気診研究会青山支部発足記念講演会のお知らせ [講演会]

 当クリニックで治療の柱としている気診治療を広めるために、支部会を作りました。
支部会そのものは治療の専門家およびその学生を対象としますが、今回は下記の要領で一般の方を対象として支部会発足の記念講演会を開催します。気診治療に興味のある方はご参加ください。

            記

日時:平成25年4月13日(土)
開場午後2時・講演開始午後2時半
講演時間は約1時間を予定しております。
会場:当クリニック 地図はhttp://dr-madarame.comをご覧ください。
講師:気診研究会青山支部支部長 班目 健夫
講演内容:気診治療とはどんなものか?
参加費用:無料

*参加人数に限りがあります。必ずメールで以下のアドレスに事前に申し込んでください。 
電話は業務に支障がでますので、必ずメールにしてください。
メールが使えない場合にはFAXで申し込んでください。
info@dr-madarame.com FAX:03-3405-4988
参加希望者の氏名、連絡先を明記して連絡してください。
参加可能人数:先着20名

青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://dr-madarame.com

人体科学会『サロン』開催のお知らせ [講演会]

 治療に『気』を取り入れるようになってから、いろいろな領域の専門家と接触する機会が増えました。
なかでも湯浅泰雄先生が設立された人体科学会は、日本学術会議にも登録されている由緒正しい学会です。
所長は数年前から人体科学会にも参加しております。

 この『気』を研究対象とした学際的な学会である人体科学会では、質疑応答のしやすい講演会として『サロン』を開催しております。
今年度は第3回目となりました。
今回は人智学の分野で第一人者である、東京女子医科大学解剖学教室の芝田高志先生をお招きしました。アントロポゾフィー・人智学はなじみのない言葉ですが、20世紀初頭に活躍した神秘思想家であるルドルフ・シュタイナーが始めた考えです。
教育・芸術・医学・農業・建築など多方面に影響を与えてきました。
今回はこのシュタイナーの考えを医学領域に応用した講演会です。
みなさまお誘い合わせの上、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

           記

日時:平成25年3月30日(土)
開場:午後4時30分 
講演開始:午後5時 終了:7時(予定)
参加費用:無料
場所:倫理文化センター大会議室(2階)  (東京都千代田区三崎町3-1-10)
http://www.rinri-jpn.or.jp/about/facilities/headquarters/index.html
(JR水道橋駅西口より徒歩5分)
講師:芝田高志先生(東京女子医科大学解剖学教室)
演題:「ヒト血液結晶化法などによる形態形成場可視化への挑戦
~シュタイナー医学で云う生命空間の合目的性発現の機序解明を目指して ~」

抄録はこちらです。

人体科学会会員以外の方は紹介者を班目 健夫として事前登録してください。
事前登録先:
 人体科学会事務局
〒101-0061東京都千代田区三崎町3-1-11 瀬川ビル3F
電話&FAX:03-3222-5040 (水・金10:00〜17:00)
URL:http://www.smbs.gr.jp
E-mail:jintaikagaku@smbs.gr.jp

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 http://dr-madarame.com