So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

治療法について考えております。 [治療法]

 現代日本の医療は薬物治療が中心になっております。
感染症に関しては、抗生物質が効果的です。
かつての日本では結核は亡国病として怖れられておりました。
第二次世界大戦の終戦後、ストレプトマイシンがアメリカから入ってきて著効しました。
その後は今で言う、西洋医学が大変優れた効果を出してきました。

やがて病気の主体が感染症から生活習慣病に変わると、優れた西洋医学では対処できない病気が多くなってきました。
なにしろ生活習慣が悪いままならば、生活習慣病は治りません。

 そこでアメリカのアンドリュー・ワイル博士が提唱した統合医療が出てきました。
各国にある伝統医学や、様々な考えに基づくいわゆる代替医療駆使して病気治療に役立てようとする考え方です。

 日本ではこのような取り組みは非常にマイナーなものでした。
何しろ、今までとはまるで異なった考え方をしなければいけないのです。
このような医療を実践する現場を作り出すのは極めて困難なことでした。

 全国に先駆けて東洋医学の研究施設を作った、都内の某大学がようやく代替医療を中心とする施設をつくったのが、2003年の6月でした。

 長くなりました。
以下、続く


 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。