So-net無料ブログ作成

ジュリーのまぶた [治療法]

 かつてのタイガースのリードボーカルだった沢田研二は、契約上の問題でマスコミを騒がせましたが、
根強いファンがたくさんいらっしゃるようです。
患者さんの1人がマスコミに取り上げられたのをきっかけに、コンサートに行ってきました。
かつての細身の体形ではなくなっていましたが、歌もしゃべりも上手で、すっかり新たなファンになってしまいました。

 気になったのが、まぶたが腫れぼったいことだったそうです。
本人も気にしていて、何をやっても腫れぼったさが治らないと話していたそうです。
まぶたが腫れぼったくなると、疲労倦怠感がでやすくなり、治りにくいのです。
身体を動かしたくなくなりますので、太りやすくなります。
また、太ってくるとさらに動きたくなくなり、一段と太りやすくなるという悪循環に陥ります。

 このような状態を、当クリニックで治療するとどうするか?

最終的には診察しないと判りませんが、一般的にこのような状態では身体が冷えていることが多いので、湯たんぽ美人を利用して身体を温めることから始めます。
まぶたそのものだけではなく、首や肩・背中などの筋肉の異常なこりがある筈で、その対処をします。

 対処法として大切なのが、綿花を利用したまだらめ式間接灸と気診治療の組合わせです。
まぶたを中心にお灸すれば、まぶたの腫れぼったさは軽快します。
しかし、首の筋肉のこりを改善させないと効果的な時間は短くなります。
そのために首のスジの刺激は欠かせません。

 首のスジを刺激すると、首・肩・背中のこりは軽減してきます。
こうすると睡眠の質がよくなりますので、治療効果は一層高いものになります。
睡眠の質がよくなれば、パフォーマンスがよくなります。

 さいたまスーパーアリーナを満席にするのも現実のものになるでしょう!

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/



 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。