So-net無料ブログ作成

癌患者さんの冷えについて [治療効果]

 癌患者さんは身体が冷えきっていることが多いのです。
身体が冷えることは全身に血液が流れ難くなり、最終的には内臓に流れる循環血液量が減ります。
その結果、内臓の機能が低下します。

末期癌の患者さんではご飯が食べられなくなります。
消化管の機能が低下してくるからです。
食べる量が減るので、便秘しやすくなります。
大腸に流れる血液の量が減っているためもあります。

癌が大きくなり、神経に浸潤して痛みがひどい場合もあります。
麻薬でコントロールできればいいのですが、そこまで持っていくにはある程度の時間が必要です。

できれば苦痛は早く取り除きたいものです。
ここで大切なことが、身体を温めることです。
湯たんぽ美人を使い、物理的に温めるのです。

そうすると内臓に血液が流れやすくなり、食欲がでてきます。
それに伴って、排便もよくなります。
身体が温まると、筋肉の血行がよくなり痛みも減ります。
ある程度痛みが軽減すると、生活の質( QOL )が改善されます。

かつてある学会のシンポジウムに呼ばれて発表した時の話です。
質問がありました。
癌患者さんを温めると転移しやすくなるので、温めることを避けるように指導していた医師がおりました!
これは都市伝説のようなもので、根拠のないお話です。
身体を冷やすとリンパ球の数が激減します。
癌は転移しやすくなります。
この医師は病態を誤って考えていたようです。

この状態の治療法としては、湯たんぽ美人が最強の治療法です。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。