So-net無料ブログ作成

癌の患者さんの話 [治療効果]

 今の診療スタイルになって、かなりの臨床経験を積んできました。
新潟の福田先生と安保先生と出会ってからだけでも、20年以上経っております。
そのはるか以前には、師匠との出会いもありました。

 昔は癌になったら運命は決まったも同然でした。
しかし、手術や抗癌剤治療を受けることを拒否した患者さんの治療にあたっていると、
体調がいい状態をある程度の期間続けると癌が小さくなってきます。

これまでに治療した癌の患者さんは、手術後に再発転移の予防を希望する方もいらっしゃいました。
それとは逆に、手術はおろか抗癌剤すら使えないような一般状態の悪い末期的な方もいらっしゃいました。

 治療するには末期的な患者さんの方が難しいのは当たり前のことです。
しかし、一生懸命治療するとぐんぐんと元気になってきます。
人間の力は素晴らしいものがあります。
その力を十分に引き出せれば、末期的状況でも快適な毎日が送れるようになります。
そのために必要なことが、第一に全身に血液が巡るようにすることです。

 内臓の機能は、その臓器に流れる循環血液量に比例します。
血の巡りが悪ければ内臓の機能が低下し、血の巡りが良ければ内臓の機能は良くなります。
ここで重要なのが湯たんぽによる身体の加熱・保温です。
具体的な方法はこのブログで何度も取り上げてきました。
その効果についても取り上げてきました。

 自己流の使い方ではうまくいかないことが多いので、これまでの書き込みを参考にしてください。

身体の加熱・保温以外のことについては、さらに書き込みます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。