So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

秘密兵器作成中! [治療器具]

 最近困っているのは、足のツボ刺激が上手にできる方は少ないことです。
手で刺激するよりは器具があった方が便利です。
そこで味方になってくれるのは、このブログでも取り上げている湯たんぽ会社の社長さんです。

これまでに、いくつものツボ刺激の器具を作ってくださいました。
どのように使っていいか判然としないものもありましたが、時間をかけて使い込んでいくうちに
こんな使い方をすると役に立つことが判ってくる器具もありました。

 今回はまさにそのケースでした。
数年前に作って頂いた器具で、所長が自分1人で使っていた器具があります。
これが足のツボを刺激するには非常に具合がいいのです。

 男性と女性では骨格に差があります。
所長用に作成したものでは女性には大きすぎます。

 男性用は今のサイズで何とかなりますが、女性用の器具には骨格測定が欠かせません。
しばらくは、女性用の器具を開発するために測定を続けました。
ある程度の傾向が把握できましたので、男女兼用の器具を試作してもらっております。

 この器具を使うと、下半身の症状が改善しやすくなると考えております。

 乞う、ご期待!

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

治療法について考えております−3 [治療法]

 某大学附属青山自然医療研究所には所属する常勤医師が2人おりました。
2人は治療法が異なっておりました。
所長はこのブログで取り上げているように、注射の針を利用した刺絡(自律神経免疫治療)・綿花を利用した間接灸・針やモグサの替わりに”気”を使う気診治療を治療手段にしました。
もう1人の医師はサプリメントを頻用しておりました。

 所長が行なっていた治療法は、当時新潟大学にいらした安保徹先生と福田稔先生が始めた自律神経免疫治療と呼ばれるものでした。
この治療法は非常に範囲が広いもので、日常生活を見直す事をはじめとしていろいろな観点から治療を考えるのに役立ちました。

 薬物治療では効果が出にくい病気・病態でも、適切な身体の刺激をすると効果が出る事はすでに判っておりました。
いかにして身体を刺激するか?が問題でした。

 この問題は当時加古川市在住の整形外科医である小田 一先生が提唱された気診治療で解決出来ると考えております。

 身体は肉体的要素だけではなく、エネルギー体としての要素の両者で構成されているという考え方・身体観で治療するのが気診治療です。
初めて小田先生の治療を受けたときの事は忘れられません。
あれだけひどかった肩や背中のこりが、手を振るだけで改善したのです。
驚きました!
こんな事ができるのは特殊な能力のある者だけができるのでは?と思いました。
誰でも出来ると言われ、さらに驚きました。

 その後消化器内科を辞め、東洋医学を専門に診療するに至るきっかけとなりました。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

治療法について考えております−2 [治療法]

 某大学附属青山自然医療研究所で約10年間治療しました。
これまでにない治療法を駆使しての治療です。
当初はどうなるか不安でしたが、少しづつ経験を積むと安心・確信に変わりました。
これまでに考えていた事が間違っていないことが日々に判明してきました。

 特に湯たんぽを使っての身体の加熱・保温が非常に効果的な治療手段であることが判明しました。
この当時は身体を温める事が珍しく、健康雑誌や新聞・雑誌の取材を受けました。
そうしているうちに、湯たんぽメーカーの方とお近づきになりました。
一緒に、これまでにない湯たんぽを作りましょうという話になって、湯たんぽ美人に結実しました。

 湯たんぽを使うと美人になる、という著作を上梓した時期だったので、このようなネーミングをしました。

この湯たんぽメーカーは国内第一の湯たんぽメーカーで、社長さんが湯たんぽに命をかけている、と明言している方です。
この社長さんが命をかけているのは湯たんぽだけでなく、自分で作り出すものに命をかけているのです。
新しい湯たんぽを作って頂いただけではなく、治療に必要な道具を作って頂いております。
お願いする所長が具体的な形状が考えられなくても、所長以上に真剣に考えてくださって
非常にいいものに仕上げてくださいます。

 こうして治療に役立つ秘密兵器を沢山作って頂きました。
使っているうちに新しい使い方を発見することが多く、非常に楽しく診療ができます。
なにしろ苦しんでいた患者さんの苦痛が軽減・改善していくのです。
命をかけて作った治療の道具がお役にたっているのです。
当クリニックだけではなく、多くの患者さんにも使って頂ければありがたいことです。
これから種々の講習会を開催して広めていこうと思います。
 
 講習会を開催する場合にはこのブログにも告知しますので、時々のご訪問をお願いします。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康