So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

本日で今年の診療を終えました [季節]

 本日12月29日(土)で平成30年の診療を終えました。
体調の悪い患者さんが数名いらっしゃいますので、皆さんが楽しくお正月を迎えられるように、大晦日を予備日としてあります。
31日は午前中は診療できる態勢にはしておく予定です。

 例年大晦日は通常診療のようになっておりましたが、今年はいかがでしょうか?
所長の治療の力量が試されるように気になります。

 治療効果が十分であれば、大晦日に診療しなくても済むはずです。
不十分ならば、大晦日にも頑張らなければいけません。
 今年はどうなることやら?

このブログも年内はこの書き込みで最後となります。
皆さま、よいお年をお迎えください。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

刺絡 [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
刺絡は針灸治療の一つですが、今普通に針治療に用いる金属製の細い針が出てくるはるか以前からある治療法です。
古い時代には金属製の針など存在しないために、鋭い石で治療していたのです。
ヘン石(ヘンは石偏に乏と書きます)と呼ばれる器具を用いて、瀉血していたと考えられます。

 現代では石は使わず、当クリニックではディスポの注射の針を用いて刺激しております。
刺絡は出血を伴うため、医師法では外科的処置として取り扱われております。
そのため、刺絡をするには医師免許が必須となります。
医師免許を所持していない人が刺絡をすると逮捕されます。

 時々新聞などで報道されますが、針灸師の免許で刺絡をすると、
医師法違反ということで刑事事件になるのです。
刺絡そのものは非常に効果的な治療法であるので、通院している患者さんの評判は非常によろしいのです。
 法律と評判は別のものになりますので、ご用心を!

 刺絡に詳しい先人の話では針灸学校もその事情を知っていて、針灸師が刺絡をすることは違法行為である旨、必ず講義をしているそうです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

爪もみ 必ず 効果が出る [爪もみ]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
爪もみは一世を風靡した健康法の一つです。
いまだに人気のある方法です。

 問題は爪もみをしたら必ず効果がでるのではありません。
効果をだすためには、刺激の仕方が問題になります。
従来のやり方は、爪の生え際に爪をたてるような刺激の仕方をしております。
この方法は刺激の範囲が狭いのです。
さらに長期間続けると、爪の生え際にタコができやすくなるという欠点があります。

 この方法が盛んに行なわれた時期には、多くの皮膚科医がこのタコに悩まされたのです。
刺激している間、このタコは治りません。
しかし、刺激しないと体調が維持できないという困った状況になったのです。

 当クリニックではこのような問題を解決するために、指を捻る方法・手首を反らす方法・器具を使う方法をお勧めしております。

 爪もみをする時に効果的な器具は”爪もみワニくん”として市販しております。
使っているうちに、手になじんできます。

 この器具も使い方でいろいろな効果がだせます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

秘密兵器作成中! [治療器具]

 最近困っているのは、足のツボ刺激が上手にできる方は少ないことです。
手で刺激するよりは器具があった方が便利です。
そこで味方になってくれるのは、このブログでも取り上げている湯たんぽ会社の社長さんです。

これまでに、いくつものツボ刺激の器具を作ってくださいました。
どのように使っていいか判然としないものもありましたが、時間をかけて使い込んでいくうちに
こんな使い方をすると役に立つことが判ってくる器具もありました。

 今回はまさにそのケースでした。
数年前に作って頂いた器具で、所長が自分1人で使っていた器具があります。
これが足のツボを刺激するには非常に具合がいいのです。

 男性と女性では骨格に差があります。
所長用に作成したものでは女性には大きすぎます。

 男性用は今のサイズで何とかなりますが、女性用の器具には骨格測定が欠かせません。
しばらくは、女性用の器具を開発するために測定を続けました。
ある程度の傾向が把握できましたので、男女兼用の器具を試作してもらっております。

 この器具を使うと、下半身の症状が改善しやすくなると考えております。

 乞う、ご期待!

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

治療法について考えております−3 [治療法]

 某大学附属青山自然医療研究所には所属する常勤医師が2人おりました。
2人は治療法が異なっておりました。
所長はこのブログで取り上げているように、注射の針を利用した刺絡(自律神経免疫治療)・綿花を利用した間接灸・針やモグサの替わりに”気”を使う気診治療を治療手段にしました。
もう1人の医師はサプリメントを頻用しておりました。

 所長が行なっていた治療法は、当時新潟大学にいらした安保徹先生と福田稔先生が始めた自律神経免疫治療と呼ばれるものでした。
この治療法は非常に範囲が広いもので、日常生活を見直す事をはじめとしていろいろな観点から治療を考えるのに役立ちました。

 薬物治療では効果が出にくい病気・病態でも、適切な身体の刺激をすると効果が出る事はすでに判っておりました。
いかにして身体を刺激するか?が問題でした。

 この問題は当時加古川市在住の整形外科医である小田 一先生が提唱された気診治療で解決出来ると考えております。

 身体は肉体的要素だけではなく、エネルギー体としての要素の両者で構成されているという考え方・身体観で治療するのが気診治療です。
初めて小田先生の治療を受けたときの事は忘れられません。
あれだけひどかった肩や背中のこりが、手を振るだけで改善したのです。
驚きました!
こんな事ができるのは特殊な能力のある者だけができるのでは?と思いました。
誰でも出来ると言われ、さらに驚きました。

 その後消化器内科を辞め、東洋医学を専門に診療するに至るきっかけとなりました。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

治療法について考えております−2 [治療法]

 某大学附属青山自然医療研究所で約10年間治療しました。
これまでにない治療法を駆使しての治療です。
当初はどうなるか不安でしたが、少しづつ経験を積むと安心・確信に変わりました。
これまでに考えていた事が間違っていないことが日々に判明してきました。

 特に湯たんぽを使っての身体の加熱・保温が非常に効果的な治療手段であることが判明しました。
この当時は身体を温める事が珍しく、健康雑誌や新聞・雑誌の取材を受けました。
そうしているうちに、湯たんぽメーカーの方とお近づきになりました。
一緒に、これまでにない湯たんぽを作りましょうという話になって、湯たんぽ美人に結実しました。

 湯たんぽを使うと美人になる、という著作を上梓した時期だったので、このようなネーミングをしました。

この湯たんぽメーカーは国内第一の湯たんぽメーカーで、社長さんが湯たんぽに命をかけている、と明言している方です。
この社長さんが命をかけているのは湯たんぽだけでなく、自分で作り出すものに命をかけているのです。
新しい湯たんぽを作って頂いただけではなく、治療に必要な道具を作って頂いております。
お願いする所長が具体的な形状が考えられなくても、所長以上に真剣に考えてくださって
非常にいいものに仕上げてくださいます。

 こうして治療に役立つ秘密兵器を沢山作って頂きました。
使っているうちに新しい使い方を発見することが多く、非常に楽しく診療ができます。
なにしろ苦しんでいた患者さんの苦痛が軽減・改善していくのです。
命をかけて作った治療の道具がお役にたっているのです。
当クリニックだけではなく、多くの患者さんにも使って頂ければありがたいことです。
これから種々の講習会を開催して広めていこうと思います。
 
 講習会を開催する場合にはこのブログにも告知しますので、時々のご訪問をお願いします。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

治療法について考えております。 [治療法]

 現代日本の医療は薬物治療が中心になっております。
感染症に関しては、抗生物質が効果的です。
かつての日本では結核は亡国病として怖れられておりました。
第二次世界大戦の終戦後、ストレプトマイシンがアメリカから入ってきて著効しました。
その後は今で言う、西洋医学が大変優れた効果を出してきました。

やがて病気の主体が感染症から生活習慣病に変わると、優れた西洋医学では対処できない病気が多くなってきました。
なにしろ生活習慣が悪いままならば、生活習慣病は治りません。

 そこでアメリカのアンドリュー・ワイル博士が提唱した統合医療が出てきました。
各国にある伝統医学や、様々な考えに基づくいわゆる代替医療駆使して病気治療に役立てようとする考え方です。

 日本ではこのような取り組みは非常にマイナーなものでした。
何しろ、今までとはまるで異なった考え方をしなければいけないのです。
このような医療を実践する現場を作り出すのは極めて困難なことでした。

 全国に先駆けて東洋医学の研究施設を作った、都内の某大学がようやく代替医療を中心とする施設をつくったのが、2003年の6月でした。

 長くなりました。
以下、続く


 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

筋肉の異常なこりを改善させるために [病態・治療法]

 現代医学では筋肉の異常なこりと冷えが問題にされていない旨の書き込みをしました。
冷えの改善法などはこのブログを中心に何度も書き込んできました。
今回は筋肉の異常なこりについて書き込みます。

 現代医学では筋肉のこりは治療の対象に考えておりません。
医学部の授業では肩こりの講義はありませんでした。
しかし現実には肩こりで苦しんでいる方は多いのです。
アリナミンのCMは目・肩・腰に!と言っているではありませんか!

 ある程度重症の筋肉のこりは、薬物では治りません。
筋肉が硬くこると血液の流れが悪くなり、こった筋肉に薬物がいかなくなるからです。
薬物がこりをとるだけ十分な濃度には至らない、といった表現が妥当かもしれません。

 物理的な刺激が効果的ですが、ここで気をつけて頂きたいことがあります。
こった筋肉そのものを刺激すると、効果的な時間が短くなるのです。
こった筋肉を直接刺激するような治療はやがて破綻します。

 筋肉のこりはなだめたり、すかしたりする必要があるのです。
そのためいろいろな治療法を作り出してきました。
拮抗筋の考え方を取り入れたり、経絡的な考えを取り入れたりしてきました。

 所長は幼少期に交通事故にあってから、肩こり・頭痛に悩まされてきました。
半世紀以上苦しんできましたが、これらの考え方によって解消しております。
自分自身で治療出来るようになってから、様々な肩こり治療を行なってきました。
最大の収穫は、こっている筋肉そのものを刺激してはいけないという事実が判明したことです。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://dr-madarame.com

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

大阪在住の慢性疲労症候群+線維筋痛症の患者さんの話 [湯たんぽ]

 さきほど標記の患者さんから電話を頂戴しました。
発症してから7年経過しているそうですが、改善の傾向がないということでした。
ブログがお目にとまったようで、湯たんぽ美人を使った身体を温めてみようと考えたそうです。

もともと冷えやすい身体だったそうですので、湯たんぽ美人は効果がでそうです。
あまりにも身体が冷えている場合には、リリカなどの薬物を内服しても吸収されにくいため、効果が乏しいことが多いようです。
ある程度身体が温まると、薬物の必要性が減ってきます。

簡単に言えば、まず身体を温める事が最も大切な事になります。
そのうえで、筋肉の異常なこりを改善させると多くの病気は改善します。

 現代医学では冷えと筋肉の異常なこりを病的な状態と認識しておりません。
そのため、この二つをターゲットにした治療で急速に病気が改善することが知られていないのです。
筋肉の異常なこりを改善させるにも、大切なことがあります。
それは次回に書き込みます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

統合医療学会で講演してきました [学会]

 台風25号が北海道に最接近した日に、札幌で開催された統合医療学会に参加しました。
直前まで飛行機が飛ぶのか心配しましたが、さほど風も強くなく大してゆれることもなく、
羽田空港から新千歳空港まで予定よりも10分早く到着しました。

 北海道でこの学会が開催されるのは14年ぶりになりました。
前回北海道で開催された時点のとの最大の差は医師の参加者が激減したことです。
今回の会長が看護師であることも影響はあると思いますが、会員の構成自体が変化しているようです。

発表される講演をみても、医師が聴きたくなる演題が全くないような状況でした。
古くから参加して、顔見知りになった関東以外の医師の姿はみられなくなりました。
このような医師は高齢だったので、引退した可能性もあります。

 学会の裾野が拡がるのは歓迎すべき事だと思いますが、
医療の中核的な医師そのものの参加が減っているのは危機的なことだと思います。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -