So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

認知症の治療について:新しい有望な治療を始めます [治療法]

 昨年のある学会で認知症に関する講演を拝聴しました。
これまでには実質的には治療法がないに等しい状況だった、認知症に関しての講演でした。
細胞膜の成分を補充すると、劇的に改善する認知症が出てくるというのです。
周辺症状はある程度改善しております。
中核症状もそこそこの改善がみられました。

 その講演に感動して共同研究をお願いしたところ、快諾して頂きました。
今その詳細を詰めている状況です。

 この薬物はサプリメントとして内服可能です。
認知症になってしまったご家族がいて困っていらっしゃる方、将来認知症になるのでは?と不安になっている方にお勧めします。
おそらくこのサプリメントを内服していれば認知症が予防できるのでは?と期待しております。

 かく申す所長も既に内服しております。
内服し始めてから疲れにくくなりました。
睡眠時間が1時間短くなっても、朝の目覚めには変化がありません。

 本日からこのサプリメントは処方が可能になりました。
ご希望の方には当クリニックを受診なさってください。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

目のお灸に限定した治療を開始します [治療法]

 このブログで何度も書き込みましたが、綿花を利用したまだらめ式間接灸は非常に効果的な治療法です。
従来のお灸は顔面にはやってはいけない治療でしたが、綿花を利用したまだらめ式間接灸は顔面に行なってもヤケドする可能性はほとんどありません。
安全に治療でき、その効果はこれまでにないほど高いことが判明しております。

 まだらめ式間接灸を目に特化した治療を開始いたします。

 詳細はここをご覧ください。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0) 

末期ガン治療法がない: そんなことはありません! [治療法]

 『末期ガン治療法がない』これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
どこの癌かはわかりませんが、末期的な状況で苦しんでいらっしゃるのでしょう。
一般的に手術ができない、化学療法ができない、放射線治療も出来ない状況でも、何とかなるのです。
癌の治療には何が必要か?

 癌そのものを治そうとする場合には、毎日が快適に過ごすことが大切です。
癌に限らず、どのような病気でも同じことが言えます。
毎日が快適に過ごせれば、ある程度の時間が必要ですが病気は治ります。
末期的な癌の場合にはその時間が短い可能性があるのですが、毎日を快適に過ごせれば損はありません。

 身体の冷えの改善と筋肉の異常なこりの改善をすると、実現できます。
当クリニックではそのような治療方針で診療しております。

 注射の針を利用した刺絡、綿花を利用したまだらめ式間接灸、針やモグサの替わりに”気”を使う気診治療の組合わせで治療しております。
この治療法で沢山の難病に対処してきました。
そして成果を挙げてきました。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com



 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

左肩の痛みに耐えかねた知り合いの話 [治療法]

 古くからの友人にお孫さんが増えました。
家族が増えたので、お嬢さん一家が引っ越しをしました。

 赤ちゃんが居る中での引っ越しは大変だろうと、おばあちゃんが中国地方まで手伝いに行きました。
新しい孫が可愛くてずーっと抱っこしていたら、左の肩・首が痛くなってきたのです。
市販の湿布を貼ったり痛み止めを内服しましたが効果はなく、日増しに痛みがつのります。
孫に会う前には筋トレをしなければいけない、と古い友人はおっしゃっていました。

 痛みがひどくなり、SOSがあったので受診していただきました。
バンザイすることはできます。
痛む部位が左の肩、僧帽筋付近です。
整体で痛む場所をもんでもらったら、帰宅する時には既に痛みは増悪していたそうです。

 痛む場所そのものが原因でない時に、この現象がよくあります。
原因がどこにあるのか把握しないで治療すると、悪くする典型例です。

 この患者さんは左の肩を痛がりますが、左の鎖骨下筋にも圧痛がありました。
ただし、自覚的には全く問題がありませんでした。
鎖骨下筋に問題がある場合には、上腕骨の付け根付近にも問題があることが多いのです。
やはり自覚的には問題がありませんが、圧痛がありました。

 最終的には手の特殊なポイントに圧痛がありました。
そこを刺激したら僧帽筋のこりが解消し、首・肩は全く問題のない状況となりました。

 痛みの原因にどの程度対処できるか、で治癒にいたるスピードが変わります。
現場で改善すれば、余計な薬を飲んで胃の調子が悪くなるような事態が避けられます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

肺癌脳転移 [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
肺癌に限らず、脳転移の状況は治療に難渋することが多いのです。

これまでに何人もどこかの癌の脳転移の状況で治療したことがあります。
始めは頑張って治療を受けるのですが、脳転移巣が大きくなると理性的ではなくなります。
治療を嫌がるようになるのです。

お恥ずかしいことではありますが、所長の治療が100%奏効するわけではありません
転移巣の大きくなる速度によりますが、ある程度は快適に過ごせます。
多くの患者さんは快適になると、治療の頻度を減らすのです。
そうすると腫瘍が大きくなる速度が速くなります。

快適になってからこそ本当の治療が始まる性格があるのです。
快適な時間が長くなれば、腫瘍が縮小する可能性が高まります。

所長の説明も悪いのかもしれません。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

遠方から受診 癌 [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
遠方に住んでいるが、なんとか受診したい患者さんは結構いらっしゃいます。

 ご自身やご家族の助けを借りながら、綿花を利用したまだらめ式間接灸をお勧めします。
当地に数日間滞在して頂き、このお灸を覚えるのです。
自宅に戻って、お灸を頑張るのです。
一日に何度も繰り返していると、末期的状態の癌患者さんでも元気がでてきます。
これまでに出来なかったことでも、できるようになったりします。

手術後の再発転移の予防にもなります。
仕事のある週日には難しいかもしれませんが、土日の休日にはできるでしょう。

 毎日が身体にとって良くない日から、毎日が身体にとって良い日に変えていくのです。
こうすれば体質改善ができるのです。

 ある程度自宅でお灸を頑張ると、刺激するべき位置が変化してきます。
そのため、月に1回とか数ヶ月に1回という受診は必要になります。

 癌に限った話ではなく、北海道の線維筋痛症と慢性疲労症候群を合併した患者さんが
1週間滞在して劇的に改善したことなどがあります。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

爪 井穴 便秘 [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
井穴刺激で便秘を治したい、と考えた方の検索でしょう。

 井穴刺激だけで対処するならば、足の人差し指を刺激することをお勧めします。
胃経のツボを刺激する形になります。

しかし、便秘が治るほどの効果には乏しいかもしれません。
より効果的なツボとしたら、手のひらにあるツボを勧めます。
小指の先の手首付近にあるツボを刺激すると、便秘が解消します。

 ここがはっている方は便秘の傾向があることも判っております。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

目を動かすと目の奥が痛い   [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
相当に仕事が忙しくて、寝る時間も短くなっている方が検索なさった、と考えます。
これは眼球を動かす筋肉、外眼筋がこっているのです。

 肩こりがひどい時に肩が動かしにくい感じがします。
肩こりがひどい時には、肩を動かすと痛く感じることもありますでしょう。
それと同じことが目玉にも起こっているのです。

 現代ではパソコンはなくてはならないものになっております。
仕事で使う時間が長くなると肩もこりますが、目の負担が大きくなります。
テレビは近くで視ると目が悪くなると言われましたが、パソコンは近くで使います。
目の負担が大きくなって当然なのでしょう。

 対策はどうするか?

 これが大切なことです。
外眼筋のこりをほぐすことにつきます。
ビタミン剤のCMがありますが、あまりにも筋肉がこるとそこには薬物が行き渡らない可能性が高く、症状の強い方には不満な効果しかないと思います。

 最も効果的なのが綿花を利用した、まだらめ式間接灸です。
かつては顔にお灸をするのは絶対にしてはいけない治療でした。
なにしろ顔にヤケドしたら大変だからです。
綿花を利用した、まだらめ式間接灸は我慢しなければヤケドはしません。
まぶたの皮膚は薄いので、皮膚から離して刺激します。
始めは物足りなく感じますがある程度熱が伝わると、気持ちよくなります。
万が一、熱く感じたら止めればヤケドはしません。
まぶたの周囲には副交感神経の枝が多くありますので、副交感神経優位の状態を作ることができます。

それによって、内臓の機能までよくなる可能性があります。
目の下のクマが薄くなる、美容にもよろしい効果がでてきます。
美容外科では目の下のクマが最も嫌な症状だそうです。
なにしろ手術しても変えられないし、レーザーを照射しても変化しないからです。

 目の下のクマ取り灸を始めます。
お灸は素晴らしい効果がある治療法ですが、ヤケドするかもしれないという恐怖から実際にお灸をしたことがある方は少ないようです。

 目の下のクマが気にならなくとも、目の奥に痛みだけでなく不快感を感じる方は『目の下のクマ取り灸』をお試しください。

近日中にHome Page に案内を掲載します。

 念のために書きますが、せんねん灸などの簡易灸は顔には絶対に使わないでください。
簡単にヤケドします。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

シェーグレン症候群 [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
目の乾燥感・唾液が少なくて虫歯になったり、食欲が落ちていることで悩んでいらっしゃるのでしょうか?

 シェーグレン症候群は、唾液腺や涙腺などの体液を分泌する腺組織に異常なリンパ球が集まり、体液の分泌を障害する病気です。
悪くなると、ドライアイ・ドライマウスといわれる乾燥に原因がある症状がでてきます。

 当クリニックではこのような病態には、綿花を利用した班目式間接灸で治療します。
自己免疫疾患には限りませんが、当クリニックでは綿花を利用した班目式間接灸をよく使います。
患者さんが自宅で自己治療出来るからです。
自己免疫疾患がすぐに治ることは考え難いので、治療の頻度を増やす必要があります。
当クリニックを受診したときだけ治療するのではなく、自宅でもある程度繰り返し治療していただければ、快適な時間が増えます。
目や口腔の乾燥症状が軽減してきます。
目にお灸をすると、涙がでてきます。
顎関節などにお灸をすると唾液が出やすくなります。
何度もお灸を繰り返して調子がいい時間が増えると、シェーグレン症候群などの病気そのものが改善していきます。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

東京都 鍼灸院 刺絡 [治療法]

 これはこのブログを訪問してくださった方の検索ワードの一つです。
刺絡は経絡的な刺激としては最強の刺激と考えられております。
そのため、効果的な治療法なのです。
問題は日本の法律では刺絡は出血を伴うために、外科的処置として医師にだけ認められた治療法となっております。
針灸師が刺絡をすると、医師法違反として逮捕されるのです。
数年に一度程度の頻度で、針灸師が刺絡を行なっていたとして逮捕された事件が報道されます。

通院していた患者さんの話も報道されますが、治療効果が高かったという評判も共通しております。
それだけ刺絡が効果的な治療法なのです。

刺絡はこのように効果的な治療法ですが、欠点もあります。
患者さんご自身が自分ではできない、という欠点です。
この欠点を補うために、当クリニックでは綿花を利用した班目式間接灸を行ないます。
この方法を覚えて頂ければ、自宅で頻回にご自身で治療ができます。
班目式間接灸は、一生の宝物になります。

 青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所 https://www.dr-madarame.com
nice!(0)  コメント(0)